日本でも増えてきたPayPal決済

海外ではもうずいぶんと前から主流だったPayPal決済。最近では日本でも導入しているECショップ(インターネット上のお店)が多くなってきました。

例えば上記の画像のように、「支払い方法」の欄にPayPalが入っていれば、PayPal決済(PayPal経由で支払い)ができるということになります。

どういいの?どう便利なの?

一言で言うと、「いろんなお店にクレジットカード番号を教えなくていいから安心できる」という点です。詳しくは以下の記事をご覧下さい。

PayPalで支払ってみよう!

では実際に、PayPalを導入しているお店で商品を購入し、PayPalから支払ってみましょう。

購入したい商品を選びます

通常どおり、注文をしていきましょう

「支払い方法」でPayPalを選択します

注文を確定するとPayPal決済が開始します

PayPalのログインページに自動的にジャンプします

自分のPayPalアカウントでログインしてください。

内容を確認の上、「今すぐ支払う」をクリック

「PayPal残高」と「クレジットカード」と書かれているのを確認してください。

クレジットカードは事前にPayPalに登録しておく必要があります。登録方法は『PayPal(ペイパル)の新規登録方法』。
また、PayPalコードでの承認作業がまだな人は上の図の「その他の資金オプション」から承認をしてください。PayPalコードと承認の詳細は『PayPalコードとは?』をご覧下さい。

支払いが完了しました!

PayPalからのメールを確認しましょう

お店に登録したメールアドレスと、PayPalアカウントのメールアドレスが違っても正常に処理されました。名前や住所が一致していれば自動的に認識してくれるようです。

こんなメールが届きますよ

これで支払いは完了しました!

優先的にPayPal口座から支払われる

今回PayPal口座には1000円しかなかったのですが、無事1110円の買い物ができました。

結論から言うと、残高が足りない場合は、不足分は自動的にクレジットカードから引き落とされます

確認してみましょう。

PayPalの取引履歴の「詳細」をクリック

取引履歴はPayPalにログインし、マイアカウントを開くと下のほうにあります。

不足分はクレジットカードから支払われる

取引の詳細ページで全て確認できます。PayPal口座の残高が優先的に支払われ、不足分はクレジットカードから支払われていることが分かりますね!

あとは商品を待つだけ。

通常のクレジットカードで決済する方法とあまり手順も変わらなかったのではないでしょうか。むしろ、PayPalのアカウントさえ覚えておけばクレジットカード番号を毎回入力しなくていいので手間は省けますね。

PayPalに登録する

PayPalの使い方特設サイト