パソコンや携帯電話には不必要な迷惑メールが送られて来ることが多いと思います。ワンクリックで登録されてしまう怪しいサイトへの誘導メール、振り込め詐欺のようなメール、怪しい出会い系サイトへ登録されてしまうメール・・・・沢山ありますよね。

うっかり騙されたりしたら大変です。このような迷惑メールが来ないようにするにはどうしたらいいでしょうか?今回は、迷惑メールの危険回避術をお教えします。

クリックしない

登録した覚えもないのに知らない人や怪しいサイトからメールが来ることがあります。「病気で死期が近いので遺産を受け取って下さい。」など、有り得ないような甘い言葉が書かれています。

しかし、そんな美味しい話はあるはずもありません。怪しいURLが書いてあっても、決してクリックしてはいけません。変なサイトに登録されてしまう恐れもあります。

返事をしない

好奇心でうっかり返事を送ってしまったり、「不要の場合はこちらのアドレスまでご連絡ください」といった内容に返信してしまうと、「このメールアドレスは使われている」と名簿に記され、しつこくあらゆる迷惑メールが届きます。知らないメールアドレスからのメールは、無視を決め込んで、絶対返事など送らないことです。

フィルタリングサービスを利用する

フィルタリングサービスとは、受信メールの迷惑メール度合いを判定し、その判定度の高いメールを識別(件名に[SPAM!!]と付与)したり、隔離・ブロックできるサービスです。迷惑メールの種類に応じて、フィルタリング設定をしておきましょう。

パソコンの場合

市販のソフトのほか、財団法人インターネット協会が無償でソフトを提供しています。また、プロバイダもフィルタリングサービスを提供しています。詳しい情報は、各プロバイダやインターネット協会に問い合わせましょう。

ウイルスバスター2011 クラウド 3年版

「窓の社」というソフト紹介サイトには迷惑メール対策のフリーソフトもあるので、それをダウンロードするのも良いでしょう。

窓の社

携帯電話の場合

携帯電話会社では、迷惑メール防止機能等のサービスを提供しています。詳しい情報は、お使いの携帯電話の取扱説明書を読むか、携帯電話会社に問い合わせましょう。

おわりに

いかがでしょうか?次から次へと悪質な迷惑メールは手を変え品を変え送られて来ます。危険から身を守るためには、セキュリティーをしっかりとすることが一番です。

場合によっては、メールアドレスを変更するのも一案です。それでも、しつこく迷惑メールに悩まされる場合は、迷惑メール相談センターもありますので、相談してみるのもいいと思います。

迷惑メール相談センター