はじめに

要らなくなったPCは、古いのでセキュリティー的にも使いたくないし、かと言って粗大ごみとして廃棄は気が引けると思います。さて、有効活用するにはどうしたらいいでしょうか?

ここでは、そんな古くなったPCの活用方法を紹介します!

活用方法

売る

処理する場合は、これが一番簡単な方法です。近所のジャンクショップに売れば、起動しないものでも買い取ってくれる場合があります。

ただしこの時にハードディスクは抜いておきましょう。なぜなら、HDDにはPCのデーターのほぼすべてが入っています。たとえば、メールアドレスや、何かしらのパスワードなどが入っています。

どうしてもHDDが売りたいのなら、中のデーターを完全に削除しましょう。(ゴミ箱に入れ消すだけじゃありません。方法は、少し難しいのでここでは省きます。)

分解して部品を再利用

自作パソコンであれば、電源部などを取り外して、新しいPCの部品として使えば、その分部品代が浮きます。

再利用する時の注意ですが、部品を外す際に部品を壊さないように気を付けましょう。筆者はうっかりグラフィックボードを壊してしまいました。

人にあげる

筆者の友達は、新しいPCを買ったので、筆者にデスクトップをくれました。このように、少し古いタイプでも必要としている人がいるかもしれないので、探してみてください。

この時もしっかりPCのデータを削除しましょう。

終わりに

ほかにも、音楽プレーヤー代わりとして使う利用法などもありますが、電気をたくさん使うので、あまりお勧めしません。

(image by amanaimages)