はじめに

ネットショッピングを使うことも増えてきたのではないでしょうか。とても多くの人が使うのでトラブルもその分増えているようです

今回は、ネットオークションを利用する時に危険を回避する方法や気をつけたいポイントをご紹介します。

ネットオークションのトラブル回避術

まず、ネットオークションを利用する際に気をつけたいいくつかのポイントをご紹介します

トラブル回避のための注意サイトをよく読んでおく

参照リンク| ヤフオク護身術

出品する場合

  • 落札される前に個人を特定できるような情報の表示を避ける

大手での取引においても個人情報が必ず守られているとは限りません。最近はニックネームも完全に表示しないサイトが増えました。住所やメールアドレスを全て晒すのは避けましょう

  • 0・マイナス評価のある取引相手はできるだけ避ける

新規・0評価・マイナス評価がある人は要注意

それも一つではなく、2つも3つもある場合、安全上取引しないのは鉄則です。

前もって出品する際にマイナス評価のある人を落札対象外に設定できる機能もあるのでうまく利用しましょう
  • 注意書きに必ず確認事項・条件を記載しておく

見知らぬ人との取引において「あうんの呼吸」は存在しませんね。ご自身の為に、「これだけは譲れない」ということは必ず明記しておきましょう。

「ノークレーム・ノーリターン」は商品説明を十分にした上で提示し、送料の負担についてもあらかじめ明記しておく必要があります。

トラブル回避の為に必ず前もって注意事項に注意事項をわかりやすく記入しておくと、後々対処しやすくなります。

落札する場合

  • 出品者の評価を確認

落札する場合もネット上での見知らぬ相手との取引になる為、重要事項の確認は必須です。0・マイナス評価はできるだけ避けコメントもよく確認しましょう。

  • 信頼を要求する出品者に注意

通常の取引をしていれば、特に書く必要がない「信用情報」ですが、わざわざ「信頼してください」と信頼を訴えている出品者には気をつけましょう。

  • ペニーオークションに注意

1円からと非常に安価で落札できる小額(ペニー)オークションでは実際のところ落札できる人数も数限られており、中には出品者側の関係者だった、という悪徳業者もいます

ペニーオークションでは利益が出ない分、入札の権利を購入させるのが目的なので、よく注意しましょう

おわりに

危険もある一方、他の人に使ってもらいたい物を交換できるのはとても魅力的です

まずは取引条件を明確にしてスムーズに気持ちよくオークションを楽しみましょう