はじめに

近頃は楽天市場やYahoo!オークションなど、インターネットを通じて物品の売買をする人も増えたのではないでしょうか。

しかしオークションやショッピングは便利な反面危険が伴います。そこで今回は利用者が多いYahoo!オークションを利用する上で気をつけるべきことを紹介したいと思います。

Yahoo!オークション

ポイント1: 送料をチェック

オークションでは住んでいる場所が離れいるもの同士が取り引きをするので必然的に、商品を運搬するための送料が発生します。

送料は基本的に落札者の負担になる場合が多いので、実際に必要な金額は商品代金+送料ということになります。

しかし、この送料が曲者で、利用する運送会社やサービスによって料金が異なります。また、出品者の意向によって利用する運送会社やサービスがすでに決められている場合も多くありますので、注意する必要があります。

商品代金のほかに送料が必要となるので、事前にチェックしておきましょう。

ポイント2: 料金の支払い

オークションで一番重要になってくるのは料金の支払いでしょう。基本的に落札者が料金を先払いし、出品者は料金が振り込まれたことを確認したら商品を落札者に発送するといった流れになります。

オークションでは詐欺をする人もおり、商品の代金を振り込んだのに商品が届かないといったトラブルが後を絶ちません。

そこで代金引換便というものがあります。出品者はお金をもらわずに落札者に商品を発送します。落札者は商品を受け取る際に料金を運送会社に支払います。その後運送会社は出品者に受け取った料金を支払います。

代金引換便を利用すれば、商品代金を支払ったのに商品が届かないといったトラブルは発生しなくなります。

しかし、代金引換便では手数料が発生しますので、とても金額の大きい取り引きの際に利用するとよいでしょう。

ポイント3: 出品の際の注意事項

オークションでは落札はもちろんのこと商品を出品することが可能です。しかし出品時にも注意点はあります。

商品の内容、状態を明確に記載する。

商品説明や状態の説明を明確に記載しましょう。いざ商品を発送し、落札者が受け取った際に、落札者から

「こんなひどい状態とは書いてなかったです。」
「写真のものと色がぜんぜん違います。」

といった内容の苦情があります。

こういったトラブルを避けるために、商品の状態や商品の詳細を明確に記載する必要があります。

写真を載せる

商品の状態や内容を記載する前に、商品の写真を撮り、載せることで説明がしやすくなります。

写真のないものは落札者側からすると不安になってしまうものですので、商品を出品する際は是非写真を載せましょう。

おわりに

オークションやネットショッピングは自宅にいながら商品の購入をすることができ、とても便利ですが、その反面危険性も伴いますので、利用する際は注意して利用するようにしましょう。