ネットショッピングをする時は、ショップ側のセキュリティも重要ですけど、個人でするセキュリティも重要です。セキュリティといっても、パソコン周りだけの事だけではないので、いくつか書き出してみました。

セキュリティソフトを利用する

セキュリティソフトを入れておきましょう。ウイルスに感染していると気付かないうちに情報が外に漏れることがあります。

ネットショッピングを利用するときには、個人情報を入力しますから、ウイルス対策をしておかないと危ないです。クレジットカードの番号などの情報だけでなく、個人名や電話番号、住所など、どんな形で悪用されるかわかりません。

個人で出来るレベルのセキュリティもキチンとしておきましょう。

IDやパスワードの管理は慎重に

ネットショップに会員登録したら、IDやパスワードの管理はキチンとしておきましょう。イチイチ入力するのが面倒だからと、やたらと記憶させておくのは危険です。

かといって記憶させないのも面倒ですから、セキュリティソフトの機能を使って、まとめて管理するのも手です。

パソコン上ではキチンと管理してるのに、うっかり誰かに言ってしまうなど、思わぬところから情報を自分で漏らしてしまう場合もあります。気をつけましょう。

メールに気をつける

ネットショップをかたったメール、クレジットカード会社をかたったメールなど、メールには詐欺の危険があります。メールには気をつけましょう。

インターネットの画面などは簡単にコピー出来てしまいます。不審なメールから飛んだホムペが、いつも使っているホムペと同じに見えても、URLが同じとは限りません。見た目にだまされて、大事な情報を自分から返信に書いてしまわないように用心しましょう。

実際に利用している所をかたられると騙されやすくなります。不審なメールがきたら、ネットショップのほうに問い合わせてみましょう。

フィッシング詐欺に気をつける

見た目が同じといえば、フィッシング詐欺にも気をつけましょう。リンクから飛んでネットサーフィンしているときには危ないです。

特にセキュリティが緩いサイトからネットサーフィンするときが危険です。セキュリティソフトで、フィッシング詐欺対策もしておきましょう。

注文状況のメールはとっておく

ネットショッピングをする場合、注文受付メールや発送メールなど、注文の状況に応じてメールが届きます。

どの程度の頻度でメールを出すかはショップによって違いますが、メールでマメに連絡をくれるショップの方が安心して取引できます。

注文状況のメールは、取引の大事な証拠品なので、取引が完了するまでは取っておきましょう。

おわりに

ネットショッピングは、ショップ側のセキュリティだけでなく個人側のセキュリティも大事です。うっかりミスをしないように気をつけましょう。