携帯電話が普及したことで、独り暮らしや学生の方は固定電話を契約しない人が増えています。スマートホンやタブレットでもインターネットは使用できますが、速度制限や容量制限がある上に、料金はそれなりにかかります。

そこで筆者が使用している「安くて、早い」無線LAN環境を紹介します。

筆者が使用している無線LAN環境

筆者は以前の固定回線でADSLを使用していましたが、2011年4月よりWiMAXで無線LANを使用しています。WiMAXを契約してから、固定回線は解約しました。

  • 接続環境:WiMAX UQFlat 月額3,880円(1年間の継続利用)
  • メーカー:NEC Aterm WM3500R(無料)

こんな方にWiMAXはおすすめ

1:学生、独り暮らし

携帯電話の普及で固定回線を引いていない方が最近は多いです。筆者もそうですが、特に学生や独り暮らしの方は多いと思います。

WiMAXなら固定回線も工事も不要でインターネットを使用できます。

筆者は引越しをしましたが、手続きにも問題などはなく、WiMAXが使えています。

2:料金が安く、通信速度が速い

WiMAXなら月額固定料金で速度制限や容量制限なしで使えます。

Wi-Fi接続の機能があれば、パソコンだけでなくスマートフォンも接続できますので、スマートフォンの速度制限や容量制限を気にせずに使えます。

筆者は以前は固定回線でインターネット接続をしていましたが、WiMAXに乗り換えてインターネットのために払う通信費が2,000円ほど安くなりました。通信速度も動画サイトの視聴で特にストレスはありません。

3:どこでもインターネットが使いたい

電波が届くエリアなら、家の中でも、外でもインターネットに接続できます。もちろん旅行や出張でも使えます。バッテリー内蔵なので単独で6時間くらいは持ちます。

筆者は自宅ではクレードルに乗せて無線LANルーターと合わせて使用しています。固定回線と変わらない使い心地です。

WiMAXの注意事項

サービスエリアの確認

WiMAXのサービスエリアは全国約94%カバーで、筆者は引越し前も後もWiMAXを快適に使用しています。しかし、場所によっては通じにくいところがかなりあります。WiMAXのホームページにエリアの確認ができますので、必ず確認をすることをおすすめします。

無料で15日間、WiMAXを体験できるサービスもあるので、サービスエリアの判定で「△」になったときは試した方がいいです。筆者の実家は「△」で窓際に行かないと接続が安定しません。

キャンペーンを活用する

月額料金が割引になったり、WiMAXのルーターが無料になったり、パソコンがもらえたり、と年間を通して、何かしら契約キャンペーンをしています。筆者もルーターが無料で、月額料金割引のときに契約しました。キャンペーンは賢く使いたいモノです。

おわりに

無線LANの導入は大変だ、セキュリティーが不安だ、と思われている方は意外と多いかもしれません。しかし、最近の無線LAN機器は、ボタン一つで簡単に接続できる機能「AOSS」や無線LANセキュリティー機能「WPA2」などを備えています。

この記事が、今の無線LAN環境の見直しや、これから無線LANの導入を検討されている方の参考になれば幸いです。

(image by 筆者)