自分のドメインを取ってみる。でも使い道は?

「自分の名前をドメインとして取る」というテクニックは意外と前から知られていますが、みなさんそのドメインをどのように使用しているのでしょうか? 一般的には自分のWEBサイトを作ってそのサイトドメインにするのだと思いますが、個人事業主でも無い限りあまり使用する機会はありません。

だって会社を作った場合、普通ドメインは屋号になるし、個人でWEBサイトを運営する場合、情報発信するのであればBlogなどで十分ですから。この流れで考えると、「独自ドメインを使用できるBlogに自身のドメインを使用する」というのが一般的な落とし所でしょうか。

私の場合

私の名前は『山田 尚孝(やまだ ひさのり)』なので『yamadahisanori.com』というドメインを取りそのURLを名刺に書いています。

自分のドメイン宛に対してアクセスがあった場合は、自分が今最も利用している情報発信ツールにリダイレクトするように設定しています。こうすることで世の中で普及しているツールを適切に乗り換えながら、名刺に書くURLを固定化できるのです。ちなみに今はTwitterのアカウントにリダイレクトしています。

もう一歩進めてみる

私はこれをもう一歩進めて、追加で以下のリダイレクト設定を行っています。

  • http://${自分のドメイン}/mysns → mixiアカウントにリダイレクト
  • http://${自分のドメイン}/twitter → twitterアカウントにリダイレクト
  • http://${自分のドメイン}/blogs → cnetのBlogにリダイレクト
  • http://${自分のドメイン}/photo → flickrの公開ページにリダイレクト

上記のようなルールを設けることで、自分が使っている各種サービスのURLを覚える必要がなくなります。また写真共有サービスをPicasaに変えたくなった場合、snsをFacebookに変えたくなった場合などに即座に変更する事ができます。

たったこれだけのメリットではありますが、例えば人にBlogのURLを口頭で伝える時など間違えることがありませんし、メールの署名にURLを多く書いている人は、署名は変えずにリダイレクト先のURのみを変えれば済むというメリットもあります。