昨今、携帯会社の料金プランも様々な方法で変わってきています。「~とセットにするとお得!」や、「NMP(ナンバーポータビリティー/番号そのままで他社乗り換え)をするとお得!」という料金形態もあり、複雑化しています。

そんな中、料金比較をしたい!という人の為に、筆者が行っている情報の集め方をご紹介します。

情報収集…の前に

まず情報収集の前に、自分の希望をある程度固めておきましょう。

どの機種(スペック)がいいか

もし、欲しい「機種」が決まっているのであれば、ほとんど料金比較は出来ませんが、「どのくらいのスペック(性能)があればどの機種でもOK」というのであれば、各社の携帯端末をピックアップして、目星をつけておきましょう。

端末本体の代金も携帯電話の料金と考える場合は重要になります。

自分が現状、どの程度利用しているかを把握する

「通話メイン」なのか「データ通信(ネット・チャットなど)メイン」なのか、という今の自分の使い方も把握しておきましょう。「どの程度無料通話分を付与するか」というのも料金比較の際に重要になってきます。

使用するエリアでは、どんなサービスが使用できるか

「このサービスが使いたい!」と思っているけれど、エリア外で使えない…という話もあります。今で言うと、LTE通信などは地域差が大きいですね。

料金だけでなく、使いたいサービスが自分の使用するエリアで提供されているかも確認しておきましょう。

情報収集の方法

STEP1:料金比較サイトを見る

まずは一番単純な比較を行える料金比較サイトで情報を集めてみましょう。「携帯料金 比較」などの検索ワードで検索サイトを利用すると、沢山の比較サイトが出てきます。自分が希望しているサービス・携帯端末に合わせて確認してみるといいでしょう。

サイト例:携帯電話徹底比較

STEP2:家電量販店で話を聞く

サイトを見たけれど、どうもよく分からない、という時は家電量販店に行って話を聞いてみましょう。各メーカーの担当の人が居ますが、どのメーカーの人にも話を聞いてみるといいと思います。

この時に必要なのは

  • 自分の現在の情報(所有している携帯電話の会社・家でインターネット回線を引いているのであれば、その回線)
  • 自分の希望(サービス・端末・料金の上限など)

です。

セット料金が出来るかどうか、は家で使用しているインターネット回線などで判断されますので、その辺も自分の情報を整理しておきましょう。各メーカーの販売員さんに聞く事で、「実はこの割引が適用できる」という可能性も出てきます。直接話す事で、素朴な質問も解消できる可能性が高いですので、一度足を運ぶことをオススメします。

STEP3:各ショップの窓口で相談する

家電量販店でも分かりにくい、という場合は各会社の直接窓口へ行ってみるというのも一つの手段です。窓口の担当者さんはその会社の料金プランに関してはプロですので、「自分に合った、その会社の料金プラン」を提示してくれるハズです。

ここも家電量販店のように、各社の窓口を回ってみるといいと思います。各社の見積もりを出してもらい、後で家でゆっくりと比較してみるといいでしょう。

おわりに

いかがでしたか?現在、携帯電話の料金に関しては、様々な形態があり、「~が安い!」とは一概に言えないのが現状です。ですが、地道に情報を集めることで、自分に合った、料金プランが見えてくるでしょう。

少し面倒かもしれませんが、最適なプランを見つけるには地道な情報収集が必要です。ぜひ自分に合ったプランを見つけ出してください。

(image by amanaimages)