みなさんパソコンを使っていくうえで日常的にPDFファイルを目にする機会は多いと思います。そんなとき、「使い勝手の悪いPDF形式のファイルを、Excel(xls/xlsx)やWord(doc/docx)形式に変換できたら……」と思ったことはありませんか?また、ハイパーリンクを解除せずに変換する方法、PDFファイルに張り付いているPNG画像もそのまま変換できる方法があったら便利ですよね。

PDFをExcel・Word形式に変換する有料のソフトは多数ありますが、無料で変換できる方法は限られています。ここでは、フリーソフトを使った方法から、ネットサービスを使った方法、手作業で変換する方法まで、さまざまな無料変換方法をご紹介します。

Microsoft ExcelやWordをよく使う方は、ぜひ活用してください!

ネットサービスを使って変換する方法

ソフトウェアをインストールするのが面倒なときは、ネットサービスを使って変換してみましょう。Windows・Mac・Linuxなど、OS環境に左右されずにファイル変換が可能で、会社のPCやネットカフェのパソコンなど、ソフトウェアをインストールできない環境下でも利用できるネットサービスは、利便性が高く非常に便利ですよ。

PDF to Excel Converter

サイト上にPDFデータをアップロードし、Excel・Word・PowerPointなどの形式に変換可能なのが、PDF to Excel Converterというネットサービスです。

逆に、Excel・Word・PowerPointなどの形式を、PDFデータに変換することも可能なので、汎用性が高く利用用途の広いサービスですよ。

PDF to Excel Converterはこちら

PDFファイルがどのようにExcelやWordに変換されるのか「PDF to Excel Converter」で実演いたします(使用パソコンはMacbook)。

  • 変換したいPDFファイルを用意する

  • PDFを希望の形式に変換する

PDF to Excel Converterにアクセスし、ページ右側にPDFをどの形式に変換したいか選択します(本記事ではWordに)。選択したら、変換したいPDFファイルを指定し、メールアドレスを入力。

問題なければ「Convert Now」をクリックしてください。入力したメールアドレスにメールが送信され、変換されたファイルをダウンロードできます。

  • Wordファイルに変換完了

メールを開き、ファイルをダウンロードしたら完了です。

PDFファイルを変換とありますが、もとのPDFファイルが消えるわけではありません。

フリーソフトを使って変換する方法

PDFをExcel・Word形式に変換できるソフトは、有料ソフトが大半ですが、高性能のフリーソフトもちゃんと存在します。インストールするのは面倒かもしれませんが、変換作業を大量にしたい場合は、ネットサービスや手作業で変換する方法よりも、便利で作業効率のいい方法となりますよ。

First PDF

フリーのソフトウェアである「First PDF」なら、手軽にPDFをWord形式に変換することが可能です。

その他にも「txt」「bmp」「gif」「png」「tif」形式に変換可能で、PDFデータのテーブルレイアウトやハイパーリンクをそのまま変換できるため、あとから修正する必要がなくとても便利です。

無料ソフト「First PDF」のダウンロードはこちら

ソフトをインストールせずに手作業で変換する方法

ソフトを使ってもネットサービスを使っても、レイアウトが崩れてしまって満足できない…そんなときは、既存のソフトと自分の腕を使って、綺麗に変換してみましょう。

手順1:PDFデータをテキストで保存する

変換したいPDFデータを、AdobeReaderで開き、「ファイル」>「名前を付けて保存」>「テキスト」を選択します。

画像のみで構成されているPDFデータや、テキストでの書き出しを設定上禁止しているPDFデータは、この操作ができません。

手順2:Wordでテキストファイルを読み込む

Wordで、書き出したテキストファイルを読み込みます。その場合、レイアウトが崩れていることがほとんどなので、手作業で修正しましょう。

画像が使用されている場合は、別途PDFから画像を抜き出しましょう。

PDF上のデータをjpgで保存する方法はこちら

とりあえず今だけ使うなら高機能の「体験版」

使える機能や期間に制限のある体験版ですが、それでもフリーソフトと比べたら高機能です。「とりあえず変換してみたい」といった用途にもぴったりなので、長期的にたくさんのデータを変換する予定がない場合、まずはお試しに体験版を使ってみましょう。

iSkysoft PDF変換

「iSkysoft PDF変換」は、PDFデータをWord、Excel、PowerPoint、EPUB電子ブック、HTML、テキスト、画像(jpg、png、gif、bmp、tiff)形式に変換可能です。

変換後は、すべてのテキスト、イメージ、グラフ、テーブル、ハイパーリンクなどがそのままに維持されるため、修正する手間がかからずとても便利ですよ。

無料の体験版「iSkysoft PDF変換」のダウンロードはこちら

PDFから簡単変換!プロ

「PDFから簡単変換!プロ」は、Word、Excel、PowerPoint、Epub、HTML、Text、画像などの形式に変換可能で、暗号化PDFファイルも作成可能な便利ソフトです。

必要なページ範囲を指定するPDFの部分変換が可能で、文字認識機能(OCR)もあるため、画像から文字情報を取り出すことも容易にできます。

無料の体験版「PDFから簡単変換!プロ」のダウンロードはこちら

瞬簡PDF 変換 8

「瞬簡PDF 変換 8」は、Word、Excel、PowerPointの形式に変換可能です。線の太さや文字の色などは再現されませんが、変換の精度が高いため、単純なPDFのデータならこのソフトで充分使えますよ。

「瞬簡PDF 変換 8」の詳しい使い方が書かれたDigitalFanの記事はこちら
無料の体験版「瞬簡PDF 変換 8」のダウンロードはこちら

ファイルが送られてきたPDFで送られてきても慌てない

PDFでファイルが送られてきても変換方法を覚えておけば、少しの手間で作業が楽になります。ぜひ、今回紹介したなかのどれか覚えておいて、普段の仕事に活かしてください。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)