ここ最近、アプリ上でフリーマーケットを開くような「フリマアプリ」が人気となっています。いらないものを出品したり、掘り出し物を見つけたりと毎日たくさんの取引が行われています。

そこで今回は、フリマアプリの中でも特に熱い「Fril(フリル)」と「メルカリ」について比較してみます。

楽しく使えるフリマアプリ「メルカリ」についてもっと詳しく知るならこちらもチェック!メルカリの使い方ガイド

女の子限定のSNS感覚フリマアプリ「Fril(フリル)」

女の子限定で、安心してフリマをしたいなら「Fril(フリル)」がオススメです。「女の子のためのフリマアプリ」として人気のFrilは、SNSのようにフォロー機能がついていて、気になる出品者や自分の趣味に合うおしゃれな人をフォローすることができます。

また、アプリ内で自分だけのショップを作ることができ、素敵なショップを作って出品できるのもFrilの特徴です。

ターゲットと扱う商品

Frilは前述のように、女の子をターゲットとしたアプリです。そのため、男子の登録はできず、女子のみが売買をすることができます。

また、女の子を対象としているため、扱っている商品も洋服や化粧品、アクセサリーなどが多くなっています。

商品の探し方

Frilでは、新着の商品だけだなく、フォローしている人の出品のみを見ることもできます。そのため、自分の趣味に合う人の出品を見逃すことなくチェックできます。

また、検索機能も充実していて、「キーワードでさがす」他にも、「ブランドでさがす」、「カテゴリでさがす」ことができます。カテゴリもワンピースやスカート、シューズなど細かく分かれているので、自分が欲しいものをすぐに探すことができます。

簡単出品ですぐ売れる「メルカリ」

「メルカリ」は、出品してすぐに売れると話題のフリマアプリです。「出品してから5分で売れた!」と言う人も見かけるほど素早く取引ができるのが特徴です。

初めての人にも優しいUIもありがたく、画面に表示された通りに進めれば取引を完了することができます。発送方法や発送時期など初心者にはわかりにくいことも、すぐ近くに説明を表示してくれます。

ターゲットと扱う商品

メルカリはターゲットを広く設定しており、アプリを利用できる人であれば誰でも使うことができます。そのため、出品されている商品の幅も広いのが特徴です。

洋服はもちろん、子供のおもちゃからアイドルのグッズ、様々な書籍などたくさんの商品が出品されています。

商品の探し方

メルカリではキーワード検索とカテゴリ検索の方法で商品を探すことができます。カテゴリも3段階に分かれており、ほしい物のカテゴリを分かりやすく見つけることができます。

また、すべての新着商品だけでなく、大カテゴリごとの新着商品も表示されているので、商品を眺めているだけでもたくさんの商品を見ることができます。

共通する特徴

スマホカメラでかんたん出品

どちらのアプリも共通して、スマホカメラで撮った写真で簡単に出品ができるのが特徴です。売りたいものがあったらその場で写真を撮って、出品できます。

売り手も安心のエスクロー決済

また、2つのフリマアプリでは、運営会社を通じて料金のやりとりが行われます。直接お金のやりとりをする必要がないので、トラブルも少なく、安心して取引ができます。

支払いが簡単

2つのフリマアプリでは、クレジットカードやコンビニ、ATMで支払いをすることができます。それに加えて、ポイントでも支払いをすることができます。

ポイントは、売上や友達の招待で受け取ることができて、獲得したポイントで商品を購入することもできます。

AndroidとiOSに対応

2つともAndroid、iPhoneに対応しています。

おわりに

「Fril」と「メルカリ」という2つのフリマアプリを紹介しました。自分が欲しいものがあるアプリを見つけて、出品や購入を楽しんでみてください。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)