はじめに

Webサイトを見て回るにあたって、普通にクリックしてリンクを開く以外の操作があります。
ショートカットキーを使えばよいのですが、左手はなにかの書類を押さえていたり、肘をついててあごの下だったり、こたつの中だったり、なかなか両手が使えない事もしばしば。
今回は、片手でできる操作で自分がよく使うのを書いてみます。

ホイールクリック(センタークリック・ミドルクリック)使ってます?

Macユーザーの人はWindows用のマウスを繋げば同じようにできます。ロジクールのMX-Revolutionみたいなのを使っている場合は、設定を変えましょう

新しいタブでリンクを開く

リンクを新しいタブで開きたい時、普通にクリックするかわりにホイールでクリックしましょう。新しいタブで開かれます。
Ctrl+左クリックでもよいですが、Ctrlを押すべき左手は、今あなたのあごの下にあるはずです。

タブを閉じる

要らないタブは、ホイールでクリックしましょう。閉じれます。
いちいち小さな×ボタンを押す必要はありませんし、ショートカットキーも要りません。なにせ左手はこたつの中です。

ホイールクリックで閉じる事にすれば、×ボタンを消すカスタマイズをすることで、タブのタイトル名を少し広く表示できます。(こういう設定で http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=aboutconfig#tabclose)

ブックマークを一気に開く

firefoxやChromeのブックマークバーやIEのお気に入りバーなどもフォルダを作って分類できますが、そのフォルダ名をホイールクリックすると、その中身のブックマークが全てタブで開かれます。
普段毎日巡回するサイトをブックマークバーのフォルダに登録しておけば、ホイールクリックで一気に開けます。読んだタブからホイールクリックで閉じていくといいですね。

非力なパソコンをお使いの場合で膨大な数のページを開くと、かなり動作が遅くなったり、最悪ブラウザやOSが落ちますので、性能と相談して非力な場合は少なめにしておきましょう。

キーワードの検索方法あれこれ

ページを読んでいる時、ページ上の単語の意味を検索したくなることは多いですね。
検索バーなどに入力すれば検索できますが、キーボードが使えるとは限りません。なにせ右手はマウスを持ってますし、左手はマグカップを持っているはずです。

右クリックで検索

語句を選択して右クリックすれば、「Googleで検索:"○○"」という項目がでてきます。

検索バーにドラッグして検索

語句を選択してFirefoxの検索バーにドラッグすると、検索してくれます。
Chromeの場合はアドレスバーに。IEはできませんでした。右クリックの方法を使いましょう。

Chromeのアドレスバーで1ステップ省略

Chromeでは、クリップボードにコピーしてある文字の検索は、アドレスバーを右クリックして「貼り付けて検索」を使いますと、2ステップで行えて便利です。クリップボードにあるのが文字列なら検索してくれますし、URLならそのまま開いてくれます。

ちなみにSleipnirでは「URLを貼り付けて開く」ボタンがあり、複数のアドレスを一気にタブで開いてくれたり、頭のhがないアドレスも補完して開いてくれたりします。

その他

もし、ボタンが2個以下しか付いてないマウスをお使いの場合は、側面ボタンが付いてるマウスに変えますとマウスの手元でワンタッチで「戻る」などができて非常に快適になりますよ。片手でだらだら派としては、ホイールクリックと側面ボタンは外せません。
レシピ主としては2500円くらいで買えるMicrosoft IntelliMouseOpticalがおすすめです。