はじめに

Excelを普段の業務などで利用している方も多いと思いますが、Excel 2007以降のリボンUIの導入で「作業効率がなかなか上がらない・・・」ということはありませんか?

そこで、著者が設定している効率化のためのショートカットキーの設定方法について紹介したいと思います。

今回使用したOSはWindows 7 SP1 、使用したソフトはExcel 2010です。

ショートカットキーの設定方法

STEP1:Excelのオプションを開く

タイトルバーの「クイック アクセス ツール バーのユーザ設定」を開き、「その他のコマンド」をクリックします。

STEP2:追加対象の機能を選択する

「Excelのオプション」ダイアログが表示され、「クイックアクセスツールバー」が選択された状態となります。

そこで「コマンドの選択」から目的の機能を選びます。今回は「図をファイルから挿入」を例として追加してみます。

「図をファイルから挿入」は挿入タブにあるため、「コマンドの選択」で「挿入タブ」を選択します。

STEP3:クイックアクセスツールバーに追加する

追加対象の機能を選択した状態で、画面中央の「追加」ボタンをクリックすると、クイックアクセスツールバーに追加することができます。

画面右下の「OK」を押下してダイアログを閉じます。

STEP4:機能を利用する

これで、Bookを開いた状態でALTキーを押した状態にすると、クイックアクセスツールバーに数字が表示されます。

今回追加した「図をファイルから挿入」は4と表示されているので、ALT+4キーを押すと機能を利用できます。

おわりに

繰り返し利用する機能であればあるほど効果があると思うので、みなさんのよく利用する機能を登録してみてください。

(image by 著者)