電源は、PCで必須のものです。これがなければPCは動かないので、慎重に選ぶ事が要求されます。

ここではそんな、自作PCの電源の選び方について紹介したいと思います。

記事内容は著者の経験談であるため、実践は自己責任でお願いします。

電源を選ぶ時に確認すべきポイント

ポイント1:W(ワット)数

Wというのは、中学校の理科でも習いますが、電流の量のことです。これが不足していると、パソコンが起動しないこともあります。

そのため、まず自分が作ろうとしているPCのパーツを調べ、消費電力を調べます。その電力+100Wくらいが、そのパソコンに適したW数です。

PCの消費電力については、次のウェブサイトが参考になります。「電源容量 ☆ 皮算用 ☆ 計算機。

ポイント2:PCの規格

ATXや、Flex-ATX等といったPCケースの規格を確認してください。

これを間違えるとケースに電源が入らなくなるので、非常に重要です。

W数の目安

パターン1:主にネットサーフィンのみの場合

基本的にネットサーフィンのみであれば、パーツの必要とする電力も少ないので、400W程の電源で足ります。

この場合の電源の例「帝力プラチナNaked 500W

パターン2:ネットサーフィンだけでなくゲーム等もする場合

ネットサーフィンに加えて、ゲーム等少々負荷の大きい事をするような場合は、800W程度の電源をおすすめします。

高負荷な動画編集等を行わない限り、この程度で十分足りるでしょう。

この場合の電源の例「AURUM PRO 1000W

パターン3:動画編集や音楽編集を行う場合

動画編集やレンダリング、エンコード、また作曲等といったクリエイティブな作業には多くの電力が必要とされる場合がほとんどです。

そのため、1200W程のものが必要となります。

この場合の電源の例「MAXREVO 1500W

おわりに

この記事を参考にして、パソコンの電源を選んで頂けますと幸いです。

(image by amanaimages)