はじめに

iPadでの落書き、すごく楽しいです!!もーほんと、手書きメモも楽ですし、絵を描くのもたまんなく楽しいです。ぜひ、iPadを持っている方はアプリを入れて楽しんでください。

持ってない方も有名なアプリなのでお近くのAppleStoreや家電量販店でデモ用に用意されているiPadでぜひ試してみてくださいね。

黒板に落書きしようぜ!: 黒板 for iPad

なんて分かりやすいアプリ名でしょう。そのままです。iPadの中が黒板になるアプリです。

黒板に描いているときのチョークの音、チョークの質感、消したときのうっすら残る感じ、すべて再現されています。もちろん爪でひっかいてしまったときのあの音も…。

描いた文字や絵はTwitterやメールで送信できたり、もちろん保存もできます。

黒板に落書き!これ王道ですよね?

アプリ公式サイト黒板 for iPad

iPadでプロの技が!?: SketchBookPro

まずはこちらの動画をご覧ください。iPadでヨッシーを描いています。

もーすごいですよね。筆の種類や質感などがとてもリアルに絵を描いているように再現されています。ちょっと絵を描くのが好きなんだって方はぜひぜひこちらのアプリをどうぞ!

その他の詳細な使い方などの説明はこちらをご覧ください。AppBankの紹介記事

画伯になれる: Zen Artist

こちらもまずは動画をご覧ください。動画の前半でZen Artist の紹介をしています。

アップバンキャス(11月30日分)

なんとなくわかっていただけたでしょうか。画伯っぽく描けるアプリになります。水墨画タッチでそれっぽく色を置いていくとゴッホの「ひまわり」のような絵が描けるのです。

動画の中では終盤で簡単に描く方法として写真を取り込んで、その上から色を置いていくことでそれっぽく描いていましたね。こういう技法もありだと思います。

ちなみに今(執筆時)Zen Artistはセールをしていて350円になっています。ダウンロードしておくなら今です!

詳しい描きかたなどはこちら

おわりに

まだまだ紹介したいアプリが沢山あります。iPadで落書き、本当に楽しいです。ペンタブレットやディスプレイタブレットが欲しくても諦めてた人はiPadで実現できますよ!