アマゾンマーケットプレイスを利用して本を売る方法

契約

アマゾンで本を売るには、「アマゾンマーケットプレイス」というサイトと契約して出品する必要があります。

感想

確かに、売れればブックオフなどの古本屋に売るよりも、はるかに高い金額で販売できます。ただ、実際にマーケットプレイスと契約してみましたが、単純な感想としては大変でした。

大変だった面

  • 契約が面倒
  • 作業が面倒
  • 出品作業、商品状態説明作業
  • 本の状態はどうかといった質問への対応
  • 納品書の作成
  • 本の梱包
  • 発送作業
  • 受注や発送の連絡
  • 業者との競争が大変
アマゾンには業者が沢山出品しており、1円単位で苛烈な価格競争を行っています。個人レベルでこの競争に追随するのは難しく、また、出品者としての評価も低いこともあり、業者には勝てませんでした。

アマゾン代理販売サービスを使って売る方法

そこで、アマゾン代理販売サービスを活用することをオススメします。探したところ、個人向けには「代理販売ドットコム」というサイトがこのようなサービスを提供していました。

他にも出品代行業者はありましたが、せどりの出品代行のようでしたので、一般の個人向けならここだけかなと思います。実際に使ってみたところ、自分との販売能力の差に驚きました。

自分で売るのが面倒だという方にはオススメです。