初めに

ブラインドタッチを身につける方法として、ホームポジションがどうとかよく言われていますね。
でも、「めんどうでそんなこと出来ない」とか「イライラするから結局キーを見て打ってしまう」と言う人が多いんじゃないでしょうか。
そんな方のための、気を付けることは一つだけの単純明快な方法です。

たった一つのやるべき事

まず、Aのキーに左の小指を、+(Lの右)キーに、右の小指をおきます。そのままタイピングします。以上です。

とにかく、キーを見ながらでもいいので、その二本の小指を離さないように打ってください。
指の影でキーが見えないよ!って時は、小指をつけたまま手のひらを縦に持ち上げて(両手でボールを持つような形?)見てください。
肘か手首などを、椅子の肘かけや机の上においた方がいいですが、あくまで小指を二つのキーから離さない、これだけです。

解説

小指を常に定位置に置くことによって、どのキーをどの指で押すかが、自動的にほぼ決まります。
(小指で打たなければいけないキーがあったら、そん時だけずらしてください。)
なので、どの指でどれを打つとかをいちいち覚える必要はありません。
どうしてもその辺が気になるひとは、ある程度ストレスなく打てるようになってから、気にしましょう。
でも多分80~90%ぐらいは勝手に正解のキーを使っていると思います。

あとは、どんどんメールでもチャットでもブログでもいいですから、打っていきましょう。
いっぱいタイピングしているうちに「します」とか「「です」とかの良く使う言葉が、だんだん流れるように打てるようになります。
流れるように打てるようになると、その部分だけでも見ないで打てるようになります。
でも頭では何を打っているかは意識していません。「指が覚える」のです。
そういった流れるように打てるフレーズが、段々と増えていき、最終的には全ての言葉がブラインドタッチできるようになります。

上記の事が少しでも出来るようになると、タイピングゲームにありがちな、「アルファベットのキーを一つづつ打てるようにする」のは(しかも序盤のステージだったりする…)、かなり無駄だと判ると思います。
ブラインドタッチをしている人は、わざわざローマ字を頭に浮かべながら打っているわけではないのですから…。
ただし、英語交じりの文章を打つ人は、この限りでは無いかもなので、ご注意を!

関連ライフレシピ