はじめに

Webサイトの効果検証をするためのアクセス解析ツールは世の中に数多くあります。そのなかのひとつに、無料で便利に使える多機能な解析ツールとして、Googleが提供する「Google Analytics」というものがあります。

非常に多機能であるものの、無料ということもあり、サポートサービスがなく、わからないこと点などを解決したり、もっと効果的に使う方法などを知りたいという方も多いのではないでしょうか。

著者も仕事上「Googleアナリティクス」を使うことが多いため、いろいろ調べながら利用しています。

ここでは、知っていると便利と思われるグーグルアナリティクスに関しての記事やサイトをまとめました。今後のアクセス解析にご利用ください。

記事の内容に関しては、Google側のアップデートなどの仕様変更で適用できない機能などが場合によってはございます。予めご了承ください。

よく意味を確認したくなるGoogle Analytics用語記事

「not provided」 とは?

Googleアナリティクスで「(not provided)」が増えて困っています | 誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック

9月下旬に、Google検索の仕組みが大きく変わり、「(not provided)」が増えた。not providedが増えると、SEOやPPC広告のためのお宝/NGキーワードを発見すること、導線の確認などが困難となる。今回はnot providedの対策を考える。

web-tan.forum.impressrd.jp

「organic」と「referral」と「(direct)/(none)」とは?

トラフィック解析の基本「organic」と「referral」と「(direct)/(none)」を理解しよう。 | Web担当者の仕事部屋

ユーザーがWebサイトに訪問してくれる。これってかなり嬉しい事。Web分析では、訪問してくれたユーザーが、どこから訪問してくれたのか?, どうやって訪問してくれたのか?を分析して、今後のサイト改善対策に活用します。

blog.co-tone.jp

「参照元」とは?

Googleアナリティクスの「参照元」は、どこが特殊なのか?[第25回] | Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Google アナリティクスの参照元データは、どこがどう特殊なのか? その仕様をくわしく説明する。要は、「参照元」がない訪問の処理がどのようなレポートでどのようにされるのかがポイントだ。

web-tan.forum.impressrd.jp

「ページ別訪問数」と「訪問別ページ数」とは?

「ページ別訪問数」と「訪問別ページ数」まぎらわしい2つの指標を理解する[第15回] | Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

今回取り上げるのは、「ページ別訪問数」と「訪問別ページ数」だ。似たような単語が使われていて、一瞬とまどうが、きちんと区別できるようになろう。

web-tan.forum.impressrd.jp

「離脱ページ」と「離脱率」とは?

「離脱ページ」と「離脱率」を理解する[第19回] | Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

サイト全体と各ページの離脱率の計算方法について。仮想ページビューやイベントトラッキングは離脱率にも影響を与えるのか? 離脱率が高いのは、やっぱりマズイのか? などを解説する。

web-tan.forum.impressrd.jp

その他の用語を知りたいとき(用語・指標解説[GA フォーラム])

知っておくと便利な「設定方法」系記事まとめ

ここでは、おもにGoogle アナリティクスの設定方法に関しての記事をまとめています。事前に設定をしておかないと見ることができない数値やデータもありますので、ご自身に必要な設定を記事を参考に行ってください。

Google アナリティクスの始め方、アカウントの新規作成手順

Google アナリティクス導入時の66項目のチェックリスト(1)

Google アナリティクス導入時の66項目のチェックリスト(2)

完璧に分かる!「google アナリティクス」の得する設定と使い方まとめ31

完璧に分かる!「google アナリティクス」の得する設定と使い方まとめ31

毎月、ECサイトや情報サイトなどアクセス解析保守を9社ほど作らないといけません。ここらでおさらいを兼ねて、Googleアナリティクスを扱ううえで必要なことを整理しようと思います。今回は成果を上げるうえで「知らないと損する」ことをまとめました。

commte.net

リリース前に確認すべきアナリティクス設定必須項目5+1個

リリース前に確認すべきアナリティクス設定必須項目5+1個

こんにちは。久しぶりの投稿になりました。ナカムラです。 随分前に「備忘録の意味も含めてアナリティクス回りの事前設定項目まとめる!」とFBで宣言していながら長いこと放ったらかしてしまいごめんなさい。 書く前から長くて面倒な記事になると分かっているネタなので、今回は色々端折ってメモ書きみたいな感じで書いていきます。(手抜きとも言う) まずはコンバージョンのポイントを確認 とりあえずそのサイ

web-d.navigater.info

Googleアナリティクスで「性別・年齢・興味」を知る方法

Googleアナリティクスで「性別・年齢・興味」を知る方法|ひびの備忘録

追記 2013/10/27 「プライバシーポリシーの変更」追記 2013/11/04 「ユーザー属性について詳しく解説されている記事の紹介」追記 2014/06/25 「プロパティ設定からの変更」追記 2014/08/18 「ユニバーサルア...

www.h-nanae.com

5ステップで超簡単!Google アナリティクスで閲覧ユーザーを追加する方法

5ステップで超簡単!Google アナリティクスで閲覧ユーザーを追加する方法

Googleアナリティクスの使い方をよく忘れるので備忘録です。 仕様もよく変わるうえに忘れやすいので 現状(2...

i6i6.jp

Googleアナリティクスで複数ドメインを計測①

Googleアナリティクスで複数ドメインを計測②

意外と知らない!Google Analyticsの裏技5選【タグマネージャ設定編】

意外と知らない!Google Analyticsの裏技5選【タグマネージャ設定編】 | Find Job ! Startup

Googleアナリティクスでは通常「出来ない」や「管理やカスタムがややこしい」とされている設定もたった一つのタグを全てのページに入れるだけで解決する手段があったとしたら? 今回は意外と知られていないGoogleタグマネージャを活用したGoogleアナリティクスの裏ワザを5つ厳選して紹介してみます。 Googleアナリティクス×Googleタグマネージャでできる裏ワザ5選 1.アナリティクスやアドワーズのタグを一元管理して、サイト運用効率UP 2.自由自在にページ毎のタグの出し分けで埋め込み忘れリスク低減! 3.面倒なクリック計測(イベントトラッキング)管理も完全自動化 4.FacebookもTwitterも!SNS関連の計測だってカスタムいらず 5.スクロールを自動取得して、ユーザーがどこまで読んだか完全把握! 1.アナリティクスやアドワーズのタグを一元管理して、サイト運用効率UP GoogleアナリティクスのタグにAdwordsやYahoo!リスティングのリマーケ(リターゲ)タグ、各種広告のコンバージョン計測タグにアフィリエイト成果タグ等など。 運用を続けるほどに肥大化するタグを「たった一つのコードで一元管理する」。これがGoogleタグマネージャの基本的な機能です。設定方法がちょっとややこしいので、まずはそこから。 コンテナの作成とタグの登録 最もシンプルに設定する場合、「コンテナ作成」⇒「タグ登録」⇒「ルール設定」の3つを行うだけでOK。 01.まずはアカウントと”コンテナ”を作成 まずは「Googleタグマネージャ公式サイト」で「今すぐ登録」からアカウントを登録します。 ウェブサイト毎に作成する「コンテナ」を作成 規約に同意してコードを取得。このコンテナコードを全ページに入れて、その中に複数のタグを設定。条件に合わせて使ったり使わなかったりする感じです。 02.コンテナにタグを設定 まずは基本のアナリティクスタグから。「ドラフトコンテナ>サマリー」画面右上のをクリックして設定スタート タグ名を「Google アナリティクスタグ」と設定 タグの種類をそのままズバリ「Google アナリティクス」で選択 ウェブ プロパティIDを「UA-XXXXXXXX-Y」の形で挿入 ディスプレイ広告主向けのサポートを追加はチェック トラッキングタイプは「ページビュー」をとりあえず設定 まずはこれでOK。 直接HTMLを入力できる「カスタムHTML」などを使ってコンテナの中に複数のタグを格納していけば、様々なタグを完全なワンタグで管理でき、タグの削除や変更にも即時対応可能にできます。 2.自由自在にページ毎のタグの出し分けで埋め込み忘れリスク低減! 例えば「http://domain.com/」にある、「/lp/」という特定ディレクトリにあるページ(ランディングページなど)に来たユーザーに対してリマーケティングタグを適用したい。などという場合も、かなり簡単な設定でOK。 ページ毎のタグ出し分けルール設定方法 「ドラフトコンテナ>サマリー」画面右上のをクリックして設定スタート ルール名を「segment_lp」など分かりやすいもので設定 条件を「{{url}}」「正規表現に一致」「^/lp/(.##)」に設定 保存して対象のタグ表示ルールに適用すればOK ドリームウィーバーで特殊なテンプレート設計をしたり、PHPなどで条件分岐を設計するよりもはるかに早いですし、何より後からタグの編集・追加や削除がしやすいのでオススメです。 ※もちろんページを指定することも可能ですし、正規表現ではなく「含む」として「/lp/」と表記にしても大丈夫です(被るディレクトリ名が存在しない場合) 3.面倒なクリック計測(イベントトラッキング)管理も完全自動化 jQueryなどで一発設定してしまう方法もあるのですが、設定の追加や変更が面倒で、かつ解析時に追いかけにくくなるという難点があるため、タグマネージャでの管理のほうが便利だったりします。 具体的な設定方法は以下の通り。 01.まずはリスナータグという特殊な機能タグを作成 「ドラフトコンテナ>サマリー」画面右上のをクリックしてタグ追加画面へ移動 タグ名=クリック計測などと名づけ、タグの種類を「イベントリスナー>クリックリスナー」で設定 「タグ配信ルール」で条件を「すべてのページ({{url}}:正規表現に一致:[.##])」で設定 そのまま一旦保存 02.続いて自動イベント取得マクロを作成 画面右上のをクリックして新しいマクロ作成画面へ マクロ名を「自動クリック計測マクロ」などと名づけ、マクロタイプを「自動イベント変数」に 変数タイプを「要素」としておく ※変数タイプ種類については下記参照 03.上記のリスナータグとマクロを組み合わせたルールを作成 一旦サマリー画面に戻って、画面右上のをクリックし、新しいルールを作成 ルール名を「クリックイベント自動計測」などに設定 条件1を「{{event}}:等しい:gtm.click」と記入 条件2を「自動クリック計測マクロ:正規表現に一致:[.##]で設定 04.作成したルールを適用したGoogleアナリティクスのイベントタグを生成 ちょっとややこしいですが、再度サマリー画面に戻って、画面右上のをクリックし、新しい計測タグを作成。先ほどのルールを設定しておきます。 タグの種類:Google ...

www.find-job.net

Googleアナリティクスで解析をレベルアップさせる「アドバンスセグメント」のオススメ設定7つ

Googleアナリティクスで解析をレベルアップさせる「アドバンスセグメント」のオススメ設定7つ | ミライFAN [ミライファン]

【ミライFAN】アドバンスセグメントを活用しよう!無料アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用していますか?使い始めたけどどう活用したらよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、Googleアナリティクス活用術という形で、5つの活用方法を紹介いたします。第1回目...

digitalfan.jp

Googleアナリティクスに新たに追加された5つのセグメント機能と使い方

Googleアナリティクスに新たに追加された5つのセグメント機能と使い方

Google アナリティクスのアドバンスセグメントの名称がセグメントに変更され、さらに強力な5つの機能が追加されましたので、ご紹介します。

www.ayudante.jp

ユーザー単位のセグメントやコホート分析が可能に!Google アナリティクスの強化された「アドバンスセグメント」の紹介と4つのオススメ設定

ユーザー単位のセグメントやコホート分析が可能に!Google アナリティクスの強化された「アドバンスセグメント」の紹介と4つのオススメ設定 - Real Analytics (リアルアナリティクス)

Google アナリティクスの「アドバンスセグメント」を大幅にパワーアップしたとのアナウンスが、Google アナリティクス公式ブログにて行われました。早速、私のアカウントにも反映されていたので、新機能を活用した、新しい4つのアドバンスセグメントを紹介いたします。今回紹介する新しいセグメントは、自アカウントで新しい「アドバンスセグメント」が利用出来るようになれば、ワンクリックで自アカウントにも反映することができます。ぜひ、カスタマイズして利用してみてください。

analytics.hatenadiary.com

コピペで使える! GAのリンククリック数計測スクリプト2種類

コピペで使える! GAのリンククリック数計測スクリプト2種類

最近は非同期版でのクリック計測を使うことも多くなってきました。 でも、いちいち手打ちするのは面倒なので(ダブルコーテーションが抜けてるとかがよくあるし)、コピペで使えるタグを貼っておきます。 リンクのクリック数を計測するためのスクリプト A...

analytics.ryow.net

コンバージョントラッキングの設定方法

Google Analyticsのイベントトラッキングを使う方法

Googleアナリティクスのイベントトラッキングで検索順位を調べる方法

Googleアナリティクスのイベントトラッキングで検索順位を調べる方法 | 海外SEO情報ブログ

Googleアナリティクスのイベントトラッキングを利用してGoogle検索からのトラフィックがあったキーワードのランキングを計測する方法を紹介する。

www.suzukikenichi.com

Google Analyticsが正しく設置できているかの確認方法

Googleアナリティクス「拡張リンクのアトリビューション分析」: リンク先URLが同じでも個別にクリックを計測可能に

Googleアナリティクス「拡張リンクのアトリビューション分析」: リンク先URLが同じでも個別にクリックを計測可能に | 海外SEO情報ブログ

Googleアナリティクスの「ページ解析」レポートに「拡張リンクのアトリビューション分析」という機能が追加される。「拡張リンクのアトリビューション分析」を利用すると、リンク先URLが同じであっても複数のリンクのクリックを個々に分析できる。今までは、「ページ解析」ではリンク先が同じURLに対して複数のリンクが存在していた場合、それらのリンクのクリック情報はすべて合算して計測されていた。

www.suzukikenichi.com

Google アナリティクスの新機能「ウェブテスト」でサクッとA/Bテストにトライ!

Google アナリティクスの新機能「ウェブテスト」でサクッとA/Bテストにトライ!

 今回は、2012年6月にGoogle アナリティクスのA/Bテスト機能として追加された「ウェブテスト」の使い方を紹介します。記事後半ではA/Bテストを社内で実践していく上で必要なプロセスや注意点に関しても詳しく解説します。

markezine.jp

知っておくと便利な「解析方法」系記事まとめ

この章では、おもにGoogle Analyticsの分析や解析をするときに見ておきたい記事をまとめております。解析方法はもちろん、どういう視点で数値を見て行けばいいかなどを参考にしていただけると幸いです。

Googleアナリティクスで、最低限ここだけを見ろ!という場所を教えてください

Googleアナリティクスで、最低限ここだけを見ろ!という場所を教えてください | 誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック

「Googleアナリティクスのどこを確認したらよいか?」という悩みは本当によくある。しかし、目的ごとに見るべき個所は違うということをまず認識しよう。わかりやすいのはランディングページの満足度調査だ。参照元ごとに、ランディングページの直帰率を確認し、著しく高いページがないかなどを確認していこう。

web-tan.forum.impressrd.jp

Webマーケティングにアクセス解析を使おう【1】 Googleアナリティクスでの目標設定と、KPIの考え方

Webマーケティングにアクセス解析を使おう【1】 Googleアナリティクスでの目標設定と、KPIの考え方

 初心者Webマーケター向けに、Googleアナリティクスを活用したアクセス解析について解説します。第2回はアクセス解析を行う前に柱として設定しておきたい、KGI、KPIについてお届けします。

markezine.jp

Googleアナリティクスの使い方から改善点がわかる設定方法

Googleアナリティクスで大切な「目標設定」の完全設定ガイド

Googleアナリティクスで大切な「目標設定」の完全設定ガイド | ミライFAN [ミライファン]

【ミライFAN】はじめにnanapiでの連載は今回が最終回となります。第5回に書く内容をいろいろ考えていたのですが、Googleアナリティクスで一番大切なことは何かと考えたときに出てきたのが「目標設定」です。Googleアナリティクスにはサイトのゴールなどを設定できる「目標設定」という機能があります...

digitalfan.jp

Google AnalyticsでWebサイトの課題発見を高速化するテクニック

Google AnalyticsでWebサイトの課題発見を高速化するテクニック | Find Job ! Startup

多機能だからこそ何を見れば良いか分かりづらいGoogle Analytics。 「これだけ見ればOK!」というレポートが分かれば良いのになぁ…と悩む全ての方のために、Googleアナリティクスを活用した課題発見高速化フレームワークをまとめました。1クリックで適用できるカスタムレポート付きです。 まずは解析に入る前の準備から 【1】ユーザーがどこからどこに来ているのかを見る 【2】どこから出て行ってしまうのかを見る 【3】リピーターと新規ユーザーの動向を分けて見る 【4】”惜しい”動きのユーザーを探して仮説を立てる 【5】課題を発見したら定点観測に移行 【おまけ】毎日見る用のマイレポートも作っておこう まずは解析に入る前の準備から 理想の導線を確認しておく いきなり数値データを見始めるのではなく、そのサイトでユーザーに辿ってほしい理想の導線を脳内で再生しておきます。紙などに書いておくのもいいですね。例(※あくまで一例です) ECサイト:商品詳細⇒TOP⇒カテゴリ⇒商品詳細⇒カート⇒購入完了 メディア:記事⇒SNSシェア⇒別の記事⇒SNSシェア Webサービス:詳細⇒TOP⇒会員登録⇒次のアクション(投稿など) コンバージョンのポイントを思い出しておく 商品購入なのか、1分以上滞在することなのか。または何かを投稿したり、問い合わせをすることなのか。 何をもって「そのサイトの成果」とするか?という部分を明確に把握した上でGoogleアナリティクスの画面を開きます。何の準備もしないで画面を開くと間違いなく混乱するのでご注意を。 【1】ユーザーがどこからどこに来ているのかを見る さて、ではようやく解析スタートですが、まずはユーザーがいつ、どこから来て、どのページに着地しているのかを見ていきます。 Googleアナリティクスの標準レポートでは、このあたり解析しようとすると複数のレポートを横断しなければなりません。なので、1レポートでカンタンに見られるようにしてしまいます。(以下の画像リンクをクリックするだけでOK) ユーザー流入詳細カスタムレポート ※上のリンクをクリックすればすぐに利用できます(Googleアナリティクスにログインしている必要があります) 流入詳細カスタムレポートの見方 ページ上段に「参照元から見る」「ランディングページから見る」「時間帯から見る」などのメニューがあるので、そこをクリックして各指標を確認。 それぞれのページURLや参照元、時間帯をクリックしていくことでデータを深堀りして見ることができます。 【2】どこから出て行ってしまうのかを見る 次に見るべきは「ユーザーがどのページから離脱しているのか?」そして「どのルートを辿ったユーザーが離脱しているのか?」について。 これまたすぐに離脱の導線が分かるカスタムレポートをご用意していますので、アカウントに適用してご確認ください。 ユーザー離脱経路詳細カスタムレポート ※リンクをクリックすればすぐに利用できます(Googleアナリティクスにログインしている必要があります) 離脱詳細カスタムレポートの見方 ページ上段に「離脱ページから逆引き」「着地ページから離脱まで」などのメニューがあるので、そこをクリックして各指標を確認。 それぞれテキストリンクになっているディメンションをクリックしていくと以下のように詳細を確認することができます。 レポート内のディメンション設定 離脱ページ⇒離脱前に見ていたページ⇒最初に見たページ ランディングページ⇒その次に見たページ⇒離脱ページ途中のページ遷移は抜けてしまいますが、どこから来て、何を見て、どこから出て行ってしまったのか?をスピーディに把握できます。 【3】リピーターと新規ユーザーの動向を分けて見る リピーターは最初の訪問から何日後に来てるのか。リピートしてきたユーザーと新規のユーザーとではその行動はどう違うのか。これを見ていきます。 ユーザーフローでページ遷移の違いを見るユーザーフローレポート画面での設定項目 レポートの場所:ユーザー > ユーザーフロー セグメント設定: 新規訪問 or リピート訪問 ディメンション:参照元/メディア ユーザーがサイト内でどのような導線を辿ったのか?を直感的に見せてくれる「ユーザーフローレポート」を開き、画面上部の「セグメントを選択」から新規訪問 or リピート訪問をセレクト。 デフォルトだと「国/地域」になっているディメンションの値を「参照元/メディア」にすると、新規・リピートそれぞれのユーザーがどこから来てサイト内で何をしているのか?が一目瞭然になります。 アドバンスドセグメントを設定 今回はページ上部にあるアドバンスドセグメントから「すべての訪問」「新規訪問」「リピート訪問」の3つにチェック。全てのレポートにおいて新規ユーザーとリピーターの行動の差異が見えてきますので、課題発見がスムーズになります。 【4】”惜しい”動きのユーザーを探して仮説を立てる ユーザーの大まかな導線が把握できたら、今度は途中まで理想の導線を辿ったのに結局最後まで行かなかった「惜しい!」という動きをしたユーザーのグループを探し出します。 惜しい動きとは? 例(※ECの場合) ・トップだけ見て離脱:ちょっと惜しい ・商品ページまで来て離脱:かなり惜しい ・リピートユーザーなのにカートの途中で離脱:すごく惜しい! ユーザーの心理を想像して仮説立てと優先度設定 惜しいユーザーの候補が見つかったら、なぜユーザーが上記のような動きをしたのか?についてシンプルな仮説を立て、以下のような施策候補を考えます。 トップだけ見て離脱した原因は? ...

www.find-job.net

Google Analyticsで自分のブログを評価→改善するための4+1つの指標

Google Analyticsで自分のブログを評価→改善するための4+1つの指標 | ミライFAN [ミライファン]

【ミライFAN】はじめに皆さんはブログあるいはnanapiのようにコンテンツを増やしていくサイトをお持ちですか?そして、その評価はページビュー数や訪問者数だけでは行っていないでしょうか?本記事では、筆者のブログサイト「リアルアクセス解析」のデータを確認しながら、4+1つの指標を紹介していきます。全て...

digitalfan.jp

ロングテールSEOでチェックすべき5つの指標

ロングテールSEOでチェックすべき5つの指標

ロングテールのSEOに注力されている人もいるかと思いますが、Googleアナリティクスにおけるチェックポイント。

www.kagua.biz

Googleアナリティクスのトラックバックで被リンクを簡単チェック

Googleアナリティクスのトラックバックで被リンクを簡単チェック | 海外SEO情報ブログ

Googleアナリティクスのソーシャルレポートを利用してバックリンクを調べる方法が簡単になった。[トラフィック] – [ソーシャル] のなかに [トラックバック] というメニューができている「トラックバック」レポートを使ってあなたのサイトに張られてるバックリンクを調査してみよう。

www.suzukikenichi.com

コンバージョンに至るまでに、ユーザーがどこから何回訪問していたかを確認する方法

コンバージョンに至るまでに、ユーザーがどこから何回訪問していたかを確認する方法[第58回] | Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

広告をクリックしてきたユーザーが、即コンバージョンとは限らない。コンバージョンに至るまでにユーザーが接触したチャネル(参照元)を見ることで、間接効果のある広告・コンテンツ接触を見逃さないためのレポートを紹介しよう。

web-tan.forum.impressrd.jp

知っておくと便利な「レポートティング」系記事まとめ

ここでは、実際のデータをどういうアウトプットで出すと最適なのかということの参考になる「レポーティング」に関しての記事をまとめています。

Google Analyticsの裏ワザ&隠しワザまとめ

Google Analyticsの裏ワザ&隠しワザまとめ | Find Job ! Startup

Googleアナリティクス・・・使いこなせていますか? ギクッとなってしまった方に朗報です。 Javascriptの埋め込みやコードの改変など、ややこしい設定一切なし! サイトのPDCAサイクルを格段に早くするGoogleアナリティクスの簡単な”裏ワザ&隠し技”を5つ紹介します。 【裏技1】もう怖くない!カスタムレポート簡単作成術 【裏技2】無いなら作ろう!カスタムセグメント 【裏技3】モーショングラフでより直感的な分析を 【裏技4】作ったレポート一発登録!ショートカット機能 【裏技5】地味すぎるけど使えるパンくずプルダウン 【裏技1】もう怖くない!カスタムレポート簡単作成術 難易度 使える度 アナリティクスのレポートを見ていて誰もが一度は思う「このレポートに○○の数値が出せたらもっと使いやすいのに!」を一瞬で解決してしまう裏ワザ。 例えばよく使う「トラフィック>参照元>すべてのトラフィック」レポートの場合。 このままでも確かに使えますが、なぜかデフォルトだと新規訪問数やコンバージョン数がありません。(※新規訪問率やコンバージョン率はあるのに) なのでエクセルにいちいち貼り付けて計算して・・・とはやらず、画面上部にある「カスタマイズ」をクリックします。 すると「すべてのトラフィック」の各種設定をベースに新しいカスタムレポートの作成ができるようになります。 あとはこの画面上で「+指標を追加」をクリックして新規訪問数、コンバージョン数など好きな指標を設定すればOK。 いくつものレポートを行き来してエクセルと戦っていた何時間もの作業を、わずか数分に短縮することが可能になります。 【裏技2】無いなら作ろう!カスタムセグメント 難易度 使える度 分析をスピーディに行うためにアドバンスドセグメントを使っている方は多いかと思いますが、これの足りない部分を自分で作ってしまえるテクニックを紹介します。 これまた多くの方が日常的に見ているであろう「コンテンツ>サイトコンテンツ>すべてのページ」レポートを題材にしてみましょう。 サイト内で人気の高いページが分かる素敵なレポートですが ここでPC / スマホ / タブレットそれぞれのトラフィックを見ようと、画面上部にある「アドバンスドセグメント」を開いてみると・・・ モバイルトラフィック タブレットのトラフィック モバイルとタブレットのトラフィック タブレットとPCのトラフィック ・・・・・あれ?「PC単体でのトラフィック」が無いぞ? こんな時に役に立つのが「カスタムセグメント」です。なんとなく名前が格好良すぎて怖い感じですが、やり方は簡単。 「新しいカスタムセグメント」のボタンをクリックして 名前の欄に「PCトラフィック」など任意の名称を設定 設定式を「一致:デバイス カテゴリ:含む:desktop」とするだけ。 後はデフォルトのセグメントから「モバイルトラフィック」と 「タブレットのトラフィック」を選択。 カスタムセグメントから「PCトラフィック」を設定してあげれば以下のようなナイスなレポートが完成します。 カスタムセグメントは本当に様々な用途で役に立つので、ぜひ使いこなせるようになっておきましょう。 便利ですよー。 【裏技3】モーショングラフでより直感的な分析を 難易度 使える度 何に使えるのかよく分からず(というか存在に気づかず)使っていない方も多いと思うので、お次はこの隠し技をご紹介。 例えば・・・ 訪問数と訪問別PV、滞在時間を参照元URL/メディア別に調べて、広告等の出稿先を精査するような場合。 通常のアナリティクスでグラフに描画すると以下のようになってしまいます。 ...

www.find-job.net

Google Analyticsでサイトの課題発見&気付きに繋がる4つのカスタムレポート

Google Analyticsでサイトの課題発見&気付きに繋がる4つのカスタムレポート | ミライFAN [ミライファン]

【ミライFAN】はじめに今回は、「カスタムレポート」というGoogleアナリティクスの機能を紹介いたします。「カスタムレポート」とは、一文でまとめると「自分で好きな項目を選んでレポートを作成できる」機能です。自由度は非常に高いのですが、どのように設定すればよいかわからず、利用していない方も多いので...

digitalfan.jp

【1クリックで今すぐ使える】私が感動したGoogleアナリティクスのカスタムレポート4選

Googleアナリティクスオタクの私が、毎日見ているたった1つのレポートの、本当の見方を教えよう

Googleアナリティクスオタクの私が、毎日見ているたった1つのレポートの、本当の見方を教えよう[第60回] | Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

忙しいWeb担当者が、限られた時間の中で、どのようにGoogle アナリティクスを活用したらよいかというヒントを今回はご紹介しよう。 Googleアナリティクスのマニアだと言ってもいい筆者が、自分のサイトを毎日どのように解析しているかを、例としてご紹介する。

web-tan.forum.impressrd.jp

1クリックで完了するブログ運営のためのGoogleアナリティクスのマイレポート設定3つ

1クリックで完了するブログ運営のためのGoogleアナリティクスのマイレポート設定3つ

このブログでも設定しているブログ運営におすすめのGoogleアナリティクスのマイレポート設定を紹介します。それぞれ1クリックで設定できますのでブログのアクセス解析にご活用ください。Googleアナリティクスにログインしている状態で、各レポー

blog.siteengine.co.jp

Google Analyticsのカスタムレポート

最大表示行数500件を超えるデータをGoogleアナリティクスで一気に表示する方法

最大表示行数500件を超えるデータをGoogleアナリティクスで一気に表示する方法[第30回] | Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

一覧表表示の基本操作方法と、デフォルトの最大表示行数である500行を超えるデータを、一度に表示したり、ダウンロードしたりする方法を説明する。ちょっとした裏技のようなものなので、覚えておくと損はないだろう。

web-tan.forum.impressrd.jp

iPhone経由でどの程度アクセスされてる!?Google Analytics→サイト分析→モバイル→デバイスの流れで簡単チェック!

Google Analyticsでサイトのことが丸分かりのバブルチャートをフル活用する方法

Google Analyticsでサイトのことが丸分かりのバブルチャートをフル活用する方法 | ミライFAN [ミライファン]

【ミライFAN】バブルチャート使っていますか?「Googleアナリティクスの中で最もサイト改善のヒントを見つけやすいグラフはどれか?」と聞かれたら間違いなく「バブルチャート」と答える筆者です。こんにちは。しかし、Googleアナリティクスの解説や機能紹介を行っているサイトでなかなかお目にかかりま...

digitalfan.jp

すげぇ!Googleアナリティクス 使い方|バブルチャートぉぉぉ!

Googleアナリティクスのすごい使い方!バブルチャートで検索経由の売上を増やそう

Googleアナリティクスのすごい使い方。バブルチャートを利用して、最も売上に結びつきやすい検索キーワードを発掘し、検索エンジン経由の売上を増やす方法について解説します。

websae.net

簡単SEOレポーティング技術!Excelのピボットテーブルで流入ページと流入キーワードのクロス集計のやり方

簡単SEOレポーティング技術!Excelのピボットテーブルで流入ページと流入キーワードのクロス集計のやり方

SEOのKPIは何?と言われた場合、SEO対策ワードの順位、特にBIGワード!という方が多いのではないでしょうか。経営層はいまだにこの分かりやすい指標を求めることが多いですよね。社内啓蒙を頑張って行い、何とかロジカルなKPIで進捗を追っていきたいものです。このSEO順位以外のKPIといえば、オーガニック経由のアクセス数、オーガニック経由の成約数、直帰率、離脱ページ、流入キーワード(種別とアクセス

seomania.i-nav.info

知っておくと便利なアドセンスとの連携記事

Adsense(アドセンス)とAnalytics(アナリティクス)を連動させて統合する方法

Adsense(アドセンス)とAnalytics(アナリティクス)を連動させて統合する方法

アドセンスと、アクセス解析であるアナリティクスを統合することで、より深い情報をつかむことが出来ます。既に多くのAdsenseユーザーは行なっている事かと思いますが、今一度確認の意味も込めてご紹介。...

e0166.blog89.fc2.com

押さえておきたいUniversal Analytics系記事

これだけ押さえておこう!Universal Analyticsを使い倒すためのたった2つのポイント

これだけ押さえておこう!Universal Analyticsを使い倒すためのたった2つのポイント | Find Job ! Startup

今年の3月に一般公開され、ぼちぼち正式リリースとなるGoogleアナリティクスの新Ver.「Universal Analytics(ユニバーサル アナリティクス)」。 新しいプロパティを設定しようとすると突然現れるこの名前に「なんだこれ?」と思った方も多いのでは無いでしょうか? このUniversal Analytics、調べれば調べるほど便利。アクセス解析のあり方を根底からひっくり返すかもしれません。今回はこの「Universal Analytics」について、旧版のGoogleアナリティクスとの違いやメリットをご紹介をします。 いままでのGoogleアナリティクスと何が違うの? 旧版のGoogle Analyticsとの違いの1つ目は「アクセスの計測方法」です。今までと全然違います。 今までのアクセス計測方法 ― セッション方式 今まではJSからgif画像を読み込ませて、そこにセッションから取得した情報を乗せて送信するタイプでした。 別に不都合はなかったのですが、同じ人物が、「朝にアクセス ⇒ 夕方にまたアクセス」といった行動を取った場合、それぞれが「別のアクセス」となり『誰だか分からないけど誰かがリピートアクセスしてきたよ』とカウントされていました。 Universal Analyticsでの計測方法 ― ユーザー方式 アクセスしたユーザーに対し、匿名化された [Tracking ID] という一意のIDを付与して挙動を把握。 上記のような場合、『朝来た人が夕方にもう一回来たよ』と、把握可能になったのです。 ※サイト上のログイン情報との紐付けが必要となります。 アプリ・Webサイト間の横断的計測が可能に! 上述の [Tracking ID] をサイト内で保持している会員情報と紐付けることで、アプリやスマホサイト、PCサイトを横断的に使っても一貫した計測が可能になります。 Find Job!を例にとってみると… 朝:移動中にスマホアプリ版Find Job!で求人検索 昼:スカウトメールをスマホで確認してURLをタップ ⇒ スマホサイトへ 夜:家に帰ってきて改めてPC版サイトで詳細を確認 例えば上記のような動線を辿ったユーザーがいたとして、これまでバラバラに計測するしかなかったユーザーのニーズを「一つのストーリー」として想定することが可能になったと言えます。 これは、スタートアップのが最も重要視したい「お客様の声」を、よりハッキリと、具体的に聞くことができるようになる革新と言えますね。 ※なんだかちょっと怖いようなイメージありますが、 [Tracking ID] も登録会員情報もそれぞれ暗号化されてますし個人の特定は不可能なのでご安心を。 ユーザーログイン情報と紐づけた際のコード記入例 7行目の部分が書き換わっています。 [html]<script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1##new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-XXXXXXXX-Y', { clientId: 'サイトのログインユーザID' }); ga('send', 'pageview'); </script>[/html] ソーシャルボタンの計測がより簡単・便利に ...

www.find-job.net

最新のGoogle Analytics情報取得したいときに見るサイトまとめ

ここでは、日々進化していくGoogle Analyticsの最新情報を集めるときに最適なサイトをまとめています。下記のサイトを定期的にチェックすることで最新のアナリティクス情報を得ながら、日々の解析業務に役立ててください。

アナリティクス ヘルプ

アナリティクス ヘルプ

サービスを使用する際のヒントやチュートリアル、よくある質問に対する回答を閲覧できる、Google の アナリティクス ヘルプセンター。

support.google.com

Google Analytics Japanese

GA フォーラム

GA フォーラム | Googleアナリティクスの情報サイト

Googleアナリティクス活用の総合情報サイト

gaforum.jp

アナリティクス 日本版 公式ブログ

カグア!Googleアナリティクス解説Blog

カグア!Googleアナリティクス解説Blog

by 元大学講師で今は消費生活マーケッター、業界17年目です。

www.kagua.biz

「Googleアナリティクス」のアーカイブ | 海外SEO情報ブログ

Googleアナリティクスの設定や使い方、SEOに役立つTIPS

Googleアナリティクスの便利な使い方や設定方法、新しい機能を紹介。SEOに役立つTIPSも提供。

www.suzukikenichi.com

さいごに

ということで、Google Analyticsの活用に役立つ記事とサイトをご紹介しました。

冒頭でも記述しましたが、Google Analyticsは日々機能やUIなどが変わっています。非常に頻繁に変更があるため都度適応していく必要があります。

ここに紹介した記事を参考にしつつ、後半で紹介した「最新のGoogle Analytics情報取得したいときに見るサイトまとめ」にあるサイトから最新情報を集めて、解析をしていきましょう。

(image by 著者)