最近では携帯電話も便利になり、スマートフォンでカーナビや音声検索、テレビ閲覧から写真撮影まであらゆることができるようになりました。しかし、携帯電話の便利さに比例して、携帯電話から離れられなくなっていませんか?

そこで今回は、世界中で問題となっているスマホ依存症から抜け出すための生活習慣を紹介します。

スマホ依存症(携帯依存症)とは

携帯電話依存症(けいたいでんわいそんしょう)は、携帯電話やPHSといった個人向けの通信機器が提供するサービスに没頭、日常生活に支障をきたすほどになっている状態を示す俗語である。(引用:Wikipedia

携帯電話の普及によって「携帯電話依存症」になる人が増えました。そして最近では、スマホの普及によって「スマートフォン依存症」になる人が急増しているのです。

スマホは、従来のフィーチャーフォン以上に付加価値が多く、娯楽が長い時間楽しめます。そのため、スマホを四六時中話すことのできない依存症となってしまうのです。

老若男女に増加中

スマホ依存症は、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い層で広がっています。それは、スマホが誰でも扱いやすく使いやすい端末であることが理由の一つであると考えられます。

親が相手をせず、スマホが「子守り」をすることで発生する「サイレントベビー」も増えており、依存が社会問題となってきているのです。

スマホ依存症の症状

スマホ依存症には以下の様な症状が挙げられます。

  • スマホを持ってないと不安になる
  • スマホ無しで1日過ごせない
  • 運転中でもスマホをいじる
  • 親しい人と一緒でもスマホを使う
  • 対面にいるのにチャットで会話する
  • 風呂やトイレまで持ち込む

スマホ依存症への対処法

1:予備のバッテリーを持ち歩かない

スマホ依存症の人は、スマホの電池がなくなるのが怖く、予備のバッテリーを持っているかと思います。しかし、バッテリーがあることでさらに使ってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

バッテリーは極力持ち歩かず、表示されているバッテリーでうまくやりくりできるようになりましょう。

2:枕元にはスマホを置かない

多くのスマホ依存症の方は、寝る直前起きた直後もスマホをいじっているのではないでしょうか。手の届く範囲にスマホがなければ使わなくなります。

枕元など手の届く範囲にはスマホを置かないようにすると、寝る前と起きた後のスマホ使用を抑えることができます。

3:長く使いがちなアプリを認識する

Twitterやまとめサイトなど、時間つぶしで使ってしまうアプリがあるかと思います。まずは、どんなアプリが時間を奪っているのかを把握しましょう。

「時間泥棒」なアプリが見つかったら、消さずにそれ専用のフォルダを作ってまとめるようにしましょう。すると、必ずそのフォルダを探さなくてはいけなくなるので「時間泥棒」などとフォルダ名を設定しておくと常に意識ができます。

4:電源を切る習慣をつける

電源を入れる動作はなかなか時間がかかるのでできるだけ避けたいものです。それを利用して、こまめに電源を切る習慣をつけるとスマホを使う時間を減らすことができます。

映画中や電車の中など、マナーモードでも良い場面であえて電源を切っておくようにしてみましょう。特に、「スマホを使わない時間」には電源をOFFにしておくと、自分の意識もオンオフつけられます。

あえて電波の届かない場所に行く予定を作るのも有効です。

5:ポケットに入れない

ポケットにスマホを入れておくと、空いた時間にすぐに取り出して使うことができます。スマホ依存から抜け出すためには、すぐに使えないようにしておくことが大切です。

普段からバッグに入れるようにしておくと、移動中など使わなくてもいい時に出さなくて済むようになります。

6:音楽プレーヤーは分ける

スマホも最近では音質が良いので、音楽プレーヤーも兼ねているということがあるかと思います。しかし、音楽を聴こうとスマホを開いて、曲を買えようとスマホを開いてと、操作のたびに他のアプリに「寄り道」するきっかけを与えてしまいます。

そこで、音楽プレーヤーと携帯電話はしっかり分け、音楽プレーヤーは音楽を聴く専門の端末としましょう。

7:使用する時間や回数を設定する

「使っていい時間/いけない時間」「使っていい回数」を自分の中で設定するのも大切です。自分の意志で使用をコントロールできるようになりましょう。

目安がわからない場合は、「食事中は使わない」「他人といるときは使わない」などのルールを設定することでも制限ができます。

8:通知機能をオフにする

LINEやTwitter、メールやFacebookなど、スマホでは通知してくれるアプリがたくさんあります。その通知のたびにスマホを開いていては使いすぎてしまいます。

スマホを開くきっかけをなくすためにも、重要でないアプリの通知をオフにしてみましょう。

9:フィーチャーフォンに戻してみる

スマートフォンは便利な機能が多く、スマホに変えてから携帯依存症になったという人も少なくありません。そこで、フィーチャーフォン(ガラケー)に戻してみるというのもひとつの手です。

最近では、フィーチャーフォンで見られないサイトも増えてきているので、使用する時間も減らすことができそうです。

10:使い放題のプランから外れる

最近では多くの人が「パケ放題」と呼ばれる、使い放題のプランに加入しているかと思います。そこで、思い切って従量制のSimなどに変えてみましょう。

「◯GBまで使うことができる」という従量制のSimであれば、たくさん使って何万円の請求が来たということもありません。

おわりに

スマートフォン依存症への10個の対処法を紹介しました。スマートフォンは時間つぶしに有効であったり、便利なものではありますが、生活を豊かにしてくれるだけではありません。

リアルなコミュニケーションが減るなどの弊害も踏まえた上で、より良い生き方ができるよう使い方を考えなおしてみましょう。

(image by amanaimages)
(image by amanaimages)