はじめに

作家になるというと何だかとても敷居の高いものに感じてしまいます。しかし、近年急速に普及し始めた電子書籍のおかげで誰でも簡単に作家になれるようになったのです。

もちろん、これは本を書けるというだけであり、実際に利益を出せるかどうかは実力次第です。とはいえ、インターネットの通信費などを除けば特に費用はかからないので、興味があるのでしたら挑戦してみる価値はあります。

「パブー」にアクセスする

電子書籍を執筆・出版できるサービスはいくつかありますが、今回はパブーというサイトのサービスを紹介したいと思います。パブーを選んだ理由は、システムが非常に分かりやすくなっているためです。

というわけでまずはパブーにアクセスしてみましょう。トップページでサービスの大まかな内容が把握できる親切なつくりになっています。

ユーザー登録をする

パブーのトップページにアクセスしたら、まずはユーザー登録です。既にブクログのアカウントを持っている人はそのまま利用できます。

アカウントを持っていない人は、メニュー右上のユーザー登録をクリックしましょう。

ユーザー登録をクリックすると画像の画面になります。自分が利用したいID、パスワード、メールアドレスをそれぞれの項目に入力していきます。

最後に利用規約を確認したら、チェックをつけてユーザー登録をクリックしましょう。パブーはユーザー登録の作業もすぐに終わります。

本を書く

ユーザー登録ができたら、実際に本を書き始めることができます。早速、トップページのログインからマイページへとアクセスしてみましょう。

そして下段のWrite & Read欄にある本をつくるをクリックしましょう。

すると電子書籍の作成ページへと画面が変わります。後は実際に本のタイトルや概要を記入してページの執筆へと進んでいきます。

おわりに

今回紹介した手順はあっという間に終えることができます。また、作成した書籍の販売もパブーのサービスから簡単に行うことができます。

ですから、ユーザーは思う存分に書籍の執筆を楽しむことができます。