はじめに

電子書籍も、いよいよ本格的に普及し始めて、自費出版本のごとく、一般人でも自由に電子書籍を発行できるようになってきました。

シロウトでも電子書籍を発行できるなんてスゴい話だ!と驚き過ぎたりはしていませんか?

皆さん、勘違いしてはいけませんよ。本当は、もうずっと前から、一般人でも電子書籍を発行できる時代は始まっていたのです。

そう、インターネットが普及しだして、誰もが自由にホームページやブログを書けるようになりだした頃から・・・。

そもそも、電子書籍とは何か?

ウィキペディアをひもときますと、「電子書籍」とは

電子機器のディスプレイで読むことができる出版物

と定義されています。さらに、その閲覧方法として、このように書かれています。

  • 携帯電話や携帯情報端末などで携帯電話ネットワークやインターネットからダウンロードして閲覧する
  • PC等でインターネットからダウンロードして閲覧する
  • PC等でインターネットからダウンロード後、さらに再生用小型機器にダウンロードして閲覧する

つまり、アイパッドのような専用の電子機器を使わなくても、パソコンで読める形式の作品なのでしたら、全て「電子書籍」なのです。

ネットを通さず、自分のパソコン内にあるhtml書類をネットブラウザで読むのであれば、ホームページ作品さえもが、電子書籍の一種だと言う事になる訳です。

「出版物」が常に有料とも限らない

そんな考えはおかしい。売り買いしてこそ電子書籍(出版物)と呼べるのではないか!と主張したい方もいるかもしれません。

しかし、書籍(出版物)は原則的に有料だという発想の方が大きな誤解なのです。

周囲を見渡せば、無料のパンフレットや小冊子、あるいは、雑誌さえもが大量に配られています。これらも広義的には出版物なのです。紙媒体でさえそうなのですから、同じ認識は、電子業界でも通用する訳です。

現状でも、多数の電子書籍サイトが、著作権の心配のない小説類を、サンプルとして無料配布しています。

おわりに

上の画像は、パブーで作った電子書籍のページの一部ですが、見ての通り、ホームページやブログ、ケータイ小説などとほとんど差異がありません。

しかも、ダウンロードしなくても、ネットを通して鑑賞する事ができるのです。(ただし、有料作品は、ダウンロードしないと読めません)

電子書籍とは、これまで手の届かなかったような新時代の代物などではなくて、実はもうずっと前から私たちの身近で出番を待っていたものだったのです。