最近では携帯電話でもデジカメでも簡単に、気軽に動画が録画できますよね。動画なのか?以前のまま、写真でいいのか?というところは迷うところです。筆者は未だに写真を中心に使っています。

旅行へ行った時の気になった風景や人物などの思い出の記録、仕事の時の記録、散歩している時に撮影した何気ないものなど、その記録は写真が中心であって、それほど動画を使いことはありません。あまりしっくりとこないことが多いものです。何を撮影すればいいのかな、という疑問が浮かんでしまったりします。

しかしながら、動画というのは一般的に使われているものであって、子供の運動会、家族旅行、子供とのドライブなどなど様々な出番が数多くあります。公園での何気ない、子供の成長記録などにも大いに役立つところです。

さて、最近の売れ筋の動画編集ソフトとは一体何でしょうか?ソフトを買う時って、迷いますよね。いくつもソフトがあって、機能も多様化しているので、使いたい機能を探してソフトを選ぶというのもまた大変な作業の1つですよね。

売れ筋の動画編集ソフトランキング

動画編集ソフトのランキングは、現在のところ以下のようになっています。

  • 第一位:ペガシス TMPGEnc Authoring Work5
  • 第二位:サイバーリンク PowerDrector12 Ultra 特別優待版
  • 第三位:コーレル VideoStudio Pro X7 アカデミック版
  • 第四位:サイバーリンク PowerDVD 13 Ultra
  • 第五位:アドビ Adobe Premiere Elements 12日本語版

これらのソフトは1万円を切る価格で提供されていますが、口コミ等々を読むところ、かなり購入した方々の満足度は高いものとなっています。ソフト価格と機能や使い勝手が合っているというところでしょうね。

ただ、第一位はペガシスの「TMPGEnc Authoring Work5」で、第二位にサイバーリンクの「PowerDrector12 Ultra 特別優待版」がランクインしていますが、実際の使用後の満足度としては、後者の方が高くなっています。値段も購入するショップによって多少異なるものですが、後者のソフトの方が2千円近く安くなっています。きっと後者が前者を追い越すのでしょう。

おわりに

いずれにしても、どちらのソフトも機能性、使いやすさ、安定性、動作性などなどかなりの項目で満足できるソフトとなっているようです。ただ、完全に使いこなすには、相当の根気が要りそうですが、ヴォリュームたっぷりですよね。

(image by amanaimages)