最近、スマホのカメラアプリを使って写真を撮る人が多くなりましたよね!スマホは日常的に持ち歩いているし、カメラで撮るよりもお手軽ということもあって、ついつい写真を撮りすぎてしまいます。

しかし、写真がたくさんありすぎると見たい画像を探すのが大変です。手動でフォルダを作って時間をかけて仕分けをしている方も多いかと思います。

そんな方に朗報です!「Impala(インパラ)」というアプリは、スマホの中に入っている写真を自動的に分類してくれるので、手動で仕分けをする苦労をなくしてくれます!

そこで今回は、「Impala」で写真を分類する方法について紹介します。

今回の記事内で使用している端末はiPhone4S、バージョンはiOS 7.1です。
「Impala」のダウンロードはこちらから:Impala

やり方

STEP1:アプリのアイコンをタップする

アプリのアイコンをタップして、Impalaを立ち上げて下さい。

STEP2:OKをタップする

写真のアクセスを許可するために、OKをタップして下さい。

STEP3:分類されるのを待つ

分類が終わるまで、待っていてください。

画像が自動的に分類されていきます。残り時間も表示されます。

STEP4:分類完了

このダイアログが出たら、分類完了です。

この分類以降に撮った写真は、Impalaをもう一度開くことで分類してくれます。

たまに画像分類が間違ってしまうこともあります。

分類の種類

「Impala」は、写真を以下のジャンルに分類してくれます。

  • 建築
  • 赤ちゃん
  • ビーチ
  • 子供
  • 食べ物
  • 友達
  • 屋内
  • 屋外
  • パーティーライフ
  • 夕日と朝日
  • テキスト

おわりに

このアプリを使えば今まで写真分類にかかっていた時間をなくすことができるので、ぜひ一度使ってみてください。

(image by 筆者)