はじめに

電子書籍の制作サービスを提供しているサイトを使えば、誰でも簡単に自分の電子書籍を作れるようになってきましたが、だからと言って、全て任せっきりでもいけません。

自分の本を作る訳なのですから、せめて電子書籍の基本的な部分ぐらいは理解しておいた方がいいでしょう。

現在の電子書籍とはゲームソフトみたいなもの

多少でも家庭用ゲーム機で遊んだ事がある人でしたら知っているでしょうが、ゲームソフトと言うものは、見た目は同じようなディスク媒体であっても、それに合致したゲーム機でないと動かす事ができません。

今日の電子書籍事情も、これにちょっと似てまして、それぞれの会社が独自の電子書籍システムを提供している為、「各会社の電子書籍」が「同じ会社の開発した電子書籍閲覧ソフト」でしか読めないような事態にもなり始めてます。

色々な会社の電子書籍を読みたければ、全ての会社の電子書籍閲覧ソフトを集めなくてはいけない、それどころか、専用の閲覧用端末機器まで買わなくちゃいけないかもしれないような状況にもなりかけているのです。

さいわい、各会社の電子書籍閲覧ソフト(ビューア)は、無料配布である場合がほとんどです。

PDF形式

このような事を書きますと、統一規格とかにはならないのか?と、当然、皆さんは思われる事でしょう。

実は、電子書籍業界では、すでに統一規格っぽい形式も存在しているのです。

それが、PDFと呼ばれるデータ形式です。

もともとは、パソコン用に使われていた書類フォーマットなのですが、汎用性が高く、さまざまな電子機器で再生する事ができます。電子書籍向けに作られた端末機器(アイパッドなど)も例外ではありません。

よって、ほとんどの電子書籍会社では、それぞれの電子書籍に、自社製の閲覧ソフトでしか読めないフォーマット以外に、PDFタイプも用意しておいて、誰でも読めるように工夫していたりするのであります。

PDFデータは、シンプルなテキストデータがどのパソコンでも読み込み可能なのと似ています。ただし、PDFデータは、完成したものなので、中身をそれ以上書き換える事とかはできません。

おわりに

上の画像が、PDF形式で作ってみた電子書籍です。ほとんどパソコンの書類データと変わらず、電子書籍っぽく感じられませんよね。

このレシピの冒頭部分に掲載した画像は、同じ小説を電子書籍会社提供のフォーマットで電子書籍化してみたものですが、こちらは、確かに本らしく体裁が整っている一方、読む(見る)為には専用の閲覧ソフトが必要な上、ウィンドウズでしか開けません。

大切な自分の本を作る訳ですから、自分の本がどのような形で読まれる事になるかぐらいは、事前によく調べておいた方がいいでしょう。

引用画像/でじたる書房より「パウチ(オタクと風俗嬢の恋物語)」