仕事終わりの疲れた夜も、節約の為、美容の為に毎日自炊を頑張っている!という方も多いですよね。しかしそんな努力も虚しく、SNSに投稿されるキレイな料理には程遠い出来栄えに、がっくりきてしまうこともあるのではないでしょうか?

せっかく作った料理、写真に残してもお蔵入りしてしまってはもったいないですよ!残念なご飯の写真を供養する、そんな素敵な方法を教えます。

1:友達・恋人にLINEで送る

コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

LINE(ライン)は、24時間、いつでも、どこでも、無料で好きなだけ通話やメールが楽しめる新しいコミュニケーションアプリです。

line.me

あなたの大切な友達や恋人は「毎日頑張って作ってるなんて偉いね!」と褒めてくれるかもしれません。自分のことを知っている人なら、笑い飛ばしてくれそうですよね。気が楽になりそうです。

2:ブログに掲載する

Ameba(アメーバ) 芸能人・有名人ブログ

ママ・モデル・女優・俳優・アイドル・アーティスト・お笑い芸人・スポーツ選手など、幅広い有名人がブログを開設中。

official.ameba.jp

SNSだと知り合いばかりで恥ずかしいけれど、誰にも内緒のブログなら安心!1日をどう過ごしたのかも一緒に書けるから、気持ちの整理にも役立ちますね。

いつもより気合を入れた料理写真をUPしたら、ブログ購読者も褒めてくれます。ブロガ-仲間も増えて、料理に対するモチベーションも一緒にUP!

3:専用サイトに投稿する

やっぱり自信がないし、友人に見せるのもブロガー仲間に見せるのも気が引ける…。そんなシャイなあなたには、専用の投稿サイトを紹介します。画像投稿・共有サイトで、あなたの残念写真を供養しちゃいましょう。

"メシマズ".netとは?-マズそうな飯を投稿・共有し、ニラヲチするサイトである。

ここでは、SNSのような綺麗な料理ではなくマズそうな料理、残念な料理が歓迎されます。

ネタにすることで、気持ちも晴れやかに!「いいね!」数ではなく、高得点「オエーッ」を狙っていきましょう!

最後に

あなたにあった方法は見つかりましたか?

レシピを見るだけなんてつまらないから、創作料理に挑戦!しかし思った以上に見た目がイマイチだった…。せっかく毎日手料理を頑張っているのに報われない。そんな感情をぶつける先はまだまだあります。

自分にあった消化方法を見つけて、素敵な自炊ライフを送りましょう!

(image by amanaimages)