SNSなどを中心にどんどん便利になる一方で、アカウントの乗っ取りが多発する近年。

ここ最近ではLINEの2段階認証が話題になりましたが、みなさんTwitter(ツイッター)は2段階認証しているでしょうか?乗っ取られてからでは遅いです!今すぐ2段階認証設定をしましょう。ここではそのやり方を説明します。

2段階認証を設定する方法

ここではiPhoneのtwitterアプリを使用しています。

Twitterを App Store で

「Twitter」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Twitterをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

itunes.apple.com

STEP1:「設定」をタップ

アカウント画面左にある、歯車のマークをタップします。

メニューが出てくるので、「設定」をタップします。

STEP2:「アカウント」をタップ

設定画面の「アカウント」の中から、2段階認証したいアカウントを選んでタップします。

STEP3:「セキュリティ」をタップ

アカウント画面の下の方、「セキュリティ」をタップします。

STEP4:「ログイン認証」をタップ

セキュリティ画面の「ログイン認証」を右にスライドさせて緑の状態にします。

STEP5:「確認」をタップ

確認画面がでるので「確認」をタップします。

STEP6:「OK」をタップ

「成功しました」と出るので「OK」をタップします。

STEP7:バックアップコードを保存

バックアップコードがでて、スクリーンショットの保存を聞かれるので、「OK」をタップします。

「バックアップコードを生成する」を押すと、その度に新しいコードが発行されます。

2段階認証の設定ができました!

おまけ:ログイン認証の確認方法を設定する

ログイン認証の確認方法は2パターンあります。

  • 携帯電話にリクエストを送信する
  • Twitterアプリに送信する

ここではその確認方法の設定のやり方を説明します。

STEP1:「設定」をクリック

PCでログインしたら、右上の歯車マークにマウスオンし、「設定」をクリックします。

STEP2:セキュリティーとプライバシーをクリック

画面左側のメニューの中から、「セキュリティーとプライバシー」をクリックします。

STEP3:ログイン認証の項目部分で選択、変更を保存する

セキュリティとプライバシー画面の上部に「ログイン認証」項目がありますのでそこでログイン認証方法を選択し、変更を保存します。

自分の身は自分で守る!

ITの世界では日々技術が進化しています。サービスを利用するだけでなく身を守る術を身につけましょう。

自衛を身につけて楽しいITライフを!!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)