最近よく耳にする「LINEのアカウント乗っ取り」事件。いまやLINEは全世界で4億人を超えるユーザーに使われており、日本でも多くの人が利用していますよね。「自分には関係ない……」なんて言っていられません。

実例と基本的な対策方法についてはこちら:「「忙しいですか?」LINEアカウント乗っ取り事件の実例と対策方法

アカウント乗っ取りの被害者はどんどん増える一方で、ついに運営元のLINE株式会社は、2つの対処策を打ち出しました。1つは「パスワードの変更」、もう1つは「PINコードの設定」です。

そこでここでは、PINコードの設定についてご説明します。パスワードの変更については「キャンペーン開催中!「LINE(ライン)」のパスワードを変更してスタンプをもらう方法」をご覧ください。

本記事はiPhoneのLINEアプリで検証しています。7月17日17時現在LINEの画面上でPINコードを設定できるのは、iPhone端末や一部端末のようです。ご注意ください。

今までのLINEはどんなセキュリティだったの?

携帯電話・スマホ・タブレット版LINEでは、アカウント登録をした後は、ログイン・ログアウトなしでアプリを楽しむことができました。

一方PC版LINEには、ログイン・ログアウトがあり、ログインの際には登録したメールアドレスとパスワードの入力を求められていました。また、QRコードでログインすることも可能です。

今回は前者のセキュリティを強化するという目的のようですね。

PINコードって何?LINEユーザーみんなが設定するべき?

PINコードとは?

「PIN」とは、「Personal Identification Number」の略です。個人を認証するための番号のことを指し、ネット上で個人情報を認証する際には頻繁に使われます。見たことがある方も多いのではないでしょうか?

「パスワード」は文字を含んだものを指すのに対して、「PINコード」は数字のみで作られるものとなります。LINEでは、利用者が好きな数字を「PINコード」として登録することで、アカウントを利用しようとしている人が登録者本人かどうかを確認します。

つまり今回の試みは、従来の「パスワード」に加えて「PINコード」を設定してもらい、2重のバリケードで外部ユーザーの不正ログインを防ごうということなのです。

PINコードの設定はいつ必要?

PINコードは、電話番号の異なる新たな端末でログインする際に入力が必要になります。なので、

  • 複数のスマートフォン・携帯電話で同一アカウントを使うとき

には、あらかじめPINコードを設定しておく必要があります。もちろん、複数台で同時に使うときだけでなく、機種変更などで引き継ぐ際にもPINコードが必要なので、当てはまる方は要注意です。

引き継ぎの場合、電話番号が一緒の端末ならPINコードの入力は必要ありません。

なお、PINコードには初期値として登録した電話番号の下4桁が設定されています。電話番号は変えた後に忘れてしまう可能性も高いので、

  • 登録した電話番号から番号を変えるとき

も、PINコードを任意の番号に設定しておいた方がよさそうですね。

以上に当てはまらない方は、現時点では急いでPINコードを設定する必要はありません。ただし、もしかしたら想定外の事態でPINコードの入力を求められることがあるかもしれないので、時間があるときにしっかり設定しておくことをおすすめします。

PINコードを設定する方法

STEP1:アプリを開き画面右下の「その他をタップ」

LINEのアプリを起動します。そして画面下に表示されるメニューの「その他」をタップします。

STEP2:「設定」をタップ

さらに細かいメニューが表示されるので、画面上の歯車マークの「設定」をタップします。

STEP3:「アカウント」をタップした後「PINコード」をタップ

設定の中の「アカウント」をタップし、アカウント設定の中の「PINコード」をタップします。

STEP3:PINコードを入力し「OK」をタップ

4桁の好きな数字を2回入力し、「OK」をタップします。これで設定完了です。

PINコードを忘れてしまわないか心配なときは、KeePassなどのパスワード管理ツールにメモしておきましょう。

これで乗っ取り被害を回避!

これでセキュリティも強化されましたので、不正にアカウントにログインされてしまうことはありません。

まわりの人にもぜひ教えてあげて、被害にあわないように注意喚起しましょう。…

(image by 筆者)