「近くのコンビニエンスストアでプリペイドカードを買うのを手伝ってもらえませんか?」

という不審なメッセージが、突然LINEで友人や知人から送られてきたことはありませんか?ここのところ、LINEのアカウントを乗っ取り、コンビニで電子マネーを購入させてお金を盗むという被害が相次いでいます。中には「乗っ取られた!」「なりすましされた!」などと、被害を被っている人もいるかもしれませんね。

冒頭の画像は、nanapi編集部スタッフに実際に送られてきたメッセージです。LINEアカウントを乗っ取られた知人からのものでした。いきなり送られてくると、戸惑ってしまいますよね。

意外に身近に起こっているこのLINEアカウント乗っ取りについて、乗っ取られないようにするための「対策」、そして乗っ取られたあとの「対処法」をご紹介します。

LINEアカウント乗っ取られ事例

自分が乗っ取られた場合

乗っ取り被害経験者によると、アカウントが乗っ取られた後にアプリを起動すると、「本人確認が必要です」という画面になるそうです。乗っ取り犯にパスワードを変えられてしまうと、この後はログインすることもできず、初期化するしか対処法が見つからないのだとか。

実際に、アカウント乗っ取りの有力な対策と言われていた「他端末からのログインを不可にする」という設定にしていても、パスワードも比較的複雑なものにしていても、乗っ取られてしまったそうです。LINEだけの専用パスワードにしていれば、パスワード流出にもある程度は備えられたのかもしれません。

知人が乗っ取られた場合

最近はやりのLINEアカウント乗っ取りの場合、犯人は「今忙しいですか?手伝ってもらえますか?」から始まるメッセージを送り付けることが多いようです。

乗っ取り犯が簡潔に伝えたいことは「今すぐにコンビニで電子マネーを購入し、番号を教えろ」ということ。電子マネー購入時にもらう番号を教えてもらうことでお金を盗むという方法です。

被害者のなかには「あなたの銀行口座に振り込むから、先に買っておいてほしい」「今度会ったときにお金を渡すから急いでほしい」などと言われたために、慌てて購入してきてしまった人も。特に先輩や上司などの立場の人に言われると、信じこんでしまうケースも多いそうです。

これって乗っ取り犯…?怪しいメッセージが来たときの対処法

STEP1:本人に確認をとる

少しでも怪しいなと思ったら、まずは本人にLINE以外の手段で確認をとってみましょう。本人が気づいていない場合もあるので、さらなる被害を防ぐことにもつながります。

STEP2-1(基本編):無視して相手をブロックする

友人・知人が乗っ取られていることがわかったら、しっかり対策したいですよね。どんな危険があるかわからないので、基本的にはメッセージを無視して、ブロックすることをおすすめします。

相手をブロックするには、トーク画面で右上の三角をタップしましょう。メニューに「ブロック」のボタンが出現します。

なお、友だち一覧のページでもブロックは可能です。友だち一覧のページで該当ユーザーの部分を左にスワイプすると、「ブロック」のボタンが現れます。

ブロックしたうえで完全に削除するならこちらをご覧ください:「「LINE(ライン)」[iPhone]で友達を完全に削除する方法

STEP2-2(番外編):相手の退出を促す

ちなみに編集部スタッフは検証のため、トークをしながら相手を退出させられないか試してみました。その結果、詐欺だと知っていることをアピールするか、無理難題をふっかけておくと、退出していくようだとわかりました。

これがnanapi編集部スタッフの実例です。

  • 「今から電話する・会いに行く」と伝える
  • 無理なお願いをする
  • ポエムを送る
  • 「この間それでお金を盗られました」と伝える

上記を試したところ、退出させることに成功したようです。

STEP3:グループから退会させる

被害経験者の方によると、乗っ取り犯は参加しているグループの参加者を次々に削除し、グループを消滅させるという悪事も働いているそうです。なので、自分が参加しているグループのメンバーの中にアカウントを乗っ取られた人がいたら、いち早くグループから削除してしまいましょう。

LINEのグループは、誰でもメンバーを削除することができます。

グループのトーク画面を開いて、右上の矢印をタップします。メニューが出てくるので、「グループ編集」をタップしましょう。

削除したいメンバーの名前を長押しすると、「削除」という吹き出しが現れます。ここをタップすれば、メンバーを削除することができます。

自分のLINEアカウントが乗っ取られないようにするための予防法

1:パスワードを変更する

方法:「その他」→「設定」→「アカウント」→「メールアドレス変更」→「パスワード変更」

「メールアドレスの変更」をタップすると、「パスワードの変更」が出てきます。この「パスワードの変更」をタップすると本人確認のページに飛びます。

本人確認のページでパスワードを入力すると、新しいパスワードを設定する画面が出てきます。6~20文字の半角英数字の新しいパスワードを入力して終了です。

今ならパスワード変更でスタンプがもらえるキャンペーンが開催されています!詳しくはこちら:「キャンペーン開催中!「LINE(ライン)」のパスワードを変更してスタンプをもらう方法

2:パスコードをロックする

方法:「設定」→「プライバシー管理」→「パスコードロック」

プライバシー管理のなかの「パスコードロック」をオンにします。オンにするとパスコードを入力する画面が出てくるので、任意の番号を設定しましょう。

ただし、パスコードを忘れるとアプリを削除して再インストールする必要があります。トーク履歴もすべて削除されてしまうので要注意です。

3:PINコードを設定する

2014年7月17日から、パスワードに加えて「PINコード」を設定することができるようになりました。特に複数の端末で同一アカウントを使用している方は、設定しておきましょう!

いざというときに!自分のLINEアカウントが乗っ取られたときの対処法

STEP1:問題報告をする

LINEのアカウントが乗っ取られたとわかったら、すぐにLINEの問題報告フォームに連絡をいれましょう。LINE側で不正なログインをされているかどうかを確認してもらえます。また、乗っ取られていた場合はアカウントを削除し、被害の拡大を防いでくれます。

これまで利用していたLINEのアカウントは消えてしまいますが、旧アカウントで使っていた電話番号で新しいアカウントを作ることができます。そうすれば、もともと電話番号で登録してあった友達とは、すぐに繋がることができます。

STEP2:友達に呼びかける

友人や知人が被害に合わないよう、LINEのアカウントが乗っ取られたと周囲に報告しましょう。電話やメールでの直接の連絡はもちろん、Twitter・FacebookなどSNSを使って一気に呼びかけるのも手です。これ以上被害を拡大させないように、早めの対応を心がけてくださいね。

乗っ取られても冷静に対処しよう!

LINEが乗っ取られたり、おかしなメールが届いたりしても、慌てないことが大切です。対策と対処法をきちんと考えて適切な処置を行なってください。これ以上被害が増えないよう、注意できるといいですね!

(image by 筆者)