なんか違う

PowerPoint2013などを使っていて、図形や文字の配色を操作する際、デフォルトのカラーパネルを操作して色を使い分けているかと思いますが、何だかその配色にモヤっとした方は居ませんでしょうか。

今回は、パワポ2013から追加された「スポイト」機能を利用した、モヤモヤ解消方法をご紹介します。

まず準備

STEP1:モヤっとしない色が並んでいる画像を用意する

配色を紹介しているサイトの画面キャプチャーなどでいいかと思います。好みのサイトを探して、その画面キャプチャーをまずは取りましょう。

今回は、フラットデザインに使えるいい感じの色のカラーコードや、RGBの値などをワンクリックでコピーできるサイト「Flat UI Colors」を利用してみます。

サイトの画面キャプチャーには、Gyazoが便利です

STEP2:スライドマスターを開く

リボンの「表示」タブを開き、スライドマスターをクリックします。

STEP3:スライド外エリアにキャプチャー画像を貼り付け

用意したキャプチャー画像をスライド外エリアに貼り付けます。

以上で準備は完了です。

会社とかのロゴとかでも場合によってはOK

例えば、nanapiの場合、ロゴに複数色があったりします。青を使うなら、「せっかくならnanapiのロゴの青を使いたい」とか思ったりします。

そんな時は、同じ容量でロゴをスライドエリア外に配置しておけばOKです。

スポイト機能の使い方

さて、それでは「スポイト」機能の使い方です。

操作方法はWindows8を基準にしています

STEP1:オブジェクトの上で右クリック

色を変更したいオブジェクトの上で「右クリック」をします。

STEP2:「塗りつぶし」をクリック

「塗りつぶし」をクリックします。

この時、「枠線」の色を変更したい場合は、そちらをクリックします

STEP3:「スポイト」をクリック

「スポイト」をクリックします。

STEP4:任意の色を選んでクリック

マウスポインターがスポイトの形に変化するのでその状態で任意の色を選択し、クリックします。

この時、ポインタの右上に四角が、左上にRGBの表記が現れ、クリックをするとどの色になるかガイダンスしてくれます。

完了

オブジェクトの色が変わりました。

終わりに

スライドマスターに対象となるオブジェクトを置かなくても、このやり方は通用するのですが、複数枚に渡る資料を作ったりする際、マスターに置いた方が便利だったりします。

気に入った方は是非やってみてください。

(image by 筆者)