ファームヒーロー(Farm Heroes Saga)」は、クロプシーと呼ばれる農作物を3つそろえて収穫するゲームです。クロプシーを決められた数以上あつめると、レベルクリアとなります。

ここでは、【レベル179】の攻略ポイントをご紹介します。

画面キャプチャはiOS版アプリによるものです。Android版アプリ、Facebookアプリもご使用いただけます。

攻略のポイント

ファームヒーローでは、クロプシーの配置は毎回ランダムに変化します。そのため、本記事では攻略のポイントをご説明します。

STEP1:集めるクロプシーを確認しよう!

レベル179では、移動回数10回以内で、リンゴを30・ニンジンを30・紫玉ねぎを30・花を1集めます。

このステージは狭い上に4隅に邪魔者がいます。バケツ以外は消せるので、邪魔者を消していくことからはじめます。

STEP2:氷を溶かそう!

まずは氷を溶かしていきましょう。下は芝生になっています。

氷に入ったクロプシーは、動かすことができません。同じクロプシーを縦か横に2つ以上並べて収穫すると、氷を溶かすことができます。ただし、中のクロプシーは収穫されずフィールドに残るので、再度の収穫が必要です。

ここではニンジンを動かして溶かしました。

STEP3:スライムを消そう!

右下にスライムがあります。タネから芝生をつくって消しましょう。

紫色のドロドロしたスライムは、クロプシーを意地悪なクロプシーに変えてしまいます。どんどん意地悪なクロプシーを増やしてしまうので注意しましょう。
タネは水滴とセットで動かすことで芝生を作ることができます。タネを動かすと、移動したマスを中心として、上下左右を含めた5マスが芝生に変わります。スライムマスも芝生に変えることができるので、意地悪なクロプシーに困ったときに便利です。

バケツから水滴を発生させ、水滴とタネをセットで動かします。このとき、スライムが消えるように動かすことが重要。おすすめは、スライムの上にタネがくるようにすることです。スライムの上にタネがあれば、左と上どちらに水滴がきても、水滴と入れ替えればスライムが芝生に変わります。

バケツに隣接するクロプシーを収穫すると、バケツに水がたまります。水を3回ためると、フィールド上にランダムに水滴が飛び出します。

STEP4:花を収穫しよう!

マスを空けたいのでなるべく早く花も収穫します。

花は動かすことができません。隣接するクロプシーを計3回収穫することで、花を収穫することができます。だんだん咲いていく過程がかわいいですよ!
より多くの花に隣接するクロプシーを優先的に収穫することで、移動回数を節約できます。

この場合はニンジンを動かして蕾を開花できます。

STEP5:芝生を利用してクロプシーに+数字をつけよう!

スライムを消すときにつくった芝生を利用してクロプシーに数字をつけましょう。ここでは数字つきのニンジンとリンゴを収穫しました。

クロプシーを収穫すると、その周りにあったクロプシーに「+数字」がつくことがあります。「+数字」がついたクロプシーを収穫すると、その数字の分だけ収穫数が増えます。
芝生の上にあるクロプシーには、通常よりも「+数字」が多く付きます。芝生があるステージでは、なるべく芝生に隣接したクロプシーを収穫するようにすると、少ない移動回数で多くのクロプシーを収穫できますよ。

レベルクリア!

決められた数のクロプシーを収穫し終えることができると、ヒーローモードに突入します。収穫率を上げて星を獲得するために、より多くのクロプシーを収穫しましょう。

ヒーローモード中は、ランダムでクロプシーに「+数字」がつきます。

移動回数が0になったらレベルクリアです。このとき、決められたクロプシーの収穫数に対していくつ収穫できたかで、星の数が変わります。

関連リンク

関連記事

ほかのレベルの攻略記事はこちら!「新世代パズルゲーム・ファームヒーロー(Farm Heroes Saga)徹底攻略

アプリダウンロードはこちらから!

Farm Heroes Saga on the App Store

Read reviews, compare customer ratings, see screenshots, and learn more about Farm Heroes Saga. Download Farm Heroes Saga and enjoy it on your iPhone, iPad, and iPod touch.

itunes.apple.com

ファームヒーロー - Google Play の Android アプリ

スイッチしてマッチ、クロプシーを収穫するファームアドベンチャー!

play.google.com

(image by 筆者)