一部の iPhone5で、バッテリー駆動時間が急に短くなる、すぐに充電が必要になる不具合が起きる場合があるようです。

そこでApple社は、不具合が認められるiPhone5のバッテリーを無償で交換することを発表しました。

そこでこの記事では、iPhone5の「バッテリー短寿命機」の電池を無償で交換してもらう方法をご紹介します。

バッテリー無償交換の対象になるiPhone5は?

バッテリー無償交換が適用されるのは、2012年9月から 2013年1月の間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にあるiPhone5です。

注意点は以下です。

  • 製品を購入した国でしか修理/交換できない場合がある
  • iPhone5の通常の保証期間を延長するものではない
  • iPhone本体の最初の小売販売日から2年間、または2015年3月1日まで (いずれか期間の長い方)、対象となるiPhone5のバッテリーに適用される

シリアル番号が適用対象かどうかを調べる方法

シリアル番号が適用対象かどうかはApple公式サイトで確認できます。

上記リンク先に、シリアル番号入力欄があるので、その部分をクリック・番号入力し、入力欄右の「送信」をクリックすることで確認できます。

米国と中国では 2014年8月22日から交換手続きが始まりました。その他の国(日本を含む)では、2014年8月29日から交換手続きができるようです。
お手持ちのiPhone5の「設定」→「一般」→「情報」の順にタップすると、シリアル番号を確認できます。

バッテリー無償交換手続きのやり方

バッテリーの交換手続き方法には、以下の3つの方法があります。まずは、Apple公式サイトにアクセスしてください。

1.Apple正規サービスプロバイダに行く

Apple正規サービスプロバイダに行き、プログラムの対象になるか、バッテリー以外には問題がないかどうかの確認検査を受けます。その後、手続き申請ができます。

近くの正規サービスプロバイダを探す方法は以下です。

STEP1:住所(もしくは郵便番号)を入力して「検索」をクリック

「現在地」表記のある検索欄をクリックして住所(もしくは郵便番号)を入力し、「検索」をクリックします。

STEP2:完了

住所近くのApple正規サービスプロバイダを表示することができます。

2.Apple Store(直営店)に行く

Apple Store(直営店)に行き、プログラムの対象になるか、バッテリー以外には問題がないかどうかの確認検査を受けます。その後、手続き申請ができます。

近くの店舗は、こちらで確認できます。
あらかじめ、こちらで予約しておく必要があります。

3.Apple テクニカルサポートに電話する

Apple テクニカルサポートに電話し、プログラムの対象になるか、バッテリー以外には問題がないかどうかの確認検査を受けます。その後、手続き申請ができます。

お問い合わせ先は、こちらで確認できます。

手続き準備

交換手続きを申請する際、以下の作業をしておく必要があります。

  • iTunesまたは iCloudにデータをバックアップする。バックアップについては公式サイトをよくご確認ください。
  • 「iPhoneを探す」をオフにする。
  • お手持ちのiPhone5で、「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップして、データと設定をすべて消去する。
バッテリー交換に支障をきたす損傷がある場合は、先にそちらを修理する必要があります(別途修理料金がかかる場合もあるようです)。

すでに自費でバッテリー交換した場合の「返金」について

無償交換対象になると考えられるiPhone5のバッテリーをすでに自費で交換した場合、返金制度があるようです。

返金を希望する場合は、こちらに問い合わせます。

お手持ちのiPhone5の調子がイマイチ、と思ったら、一度チェックしてみることをおすすめします!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)