はじめに

携帯電話代って意外と嵩んでしまったりしませんか?今回は僅かな所も節約したい人必見!こんなところが節約できたんだ!という携帯の機能をご紹介したいと思います。

見直してみるポイント

留守番電話サービス機能を止める

電話に出れなかったとき、留守番電話に接続されます。相手が留守電を残した際は、自ら問い合わせをしなくてはならず、地味に電話代がかさんでしまいます。そんなちょっとした電話代金を抑えるために「留守番電話サービス機能を止めて」しまいます。「留守電サービス止めたらメッセージ残せないじゃん!」と思うかもしれませんが、携帯電話自体の録音機能があるので、そこは心配ありません。メッセージを聞くのも携帯電話自体の録音機能のほうが聞きやすく、お勧めです。

ガイダンスは#で飛ばす

携帯に電話をかけて、留守番電話サービスににかかってしまうことがあります。
ガイダンスが流れている間、暇だし、聞きたいものじゃないし、通話料金が加算されてイライラしますよね。
そんな時、電話の「#」を押すと、ガイダンスを飛ばせるんです!知ってましたか?(中には飛ばせないものもあります。)手当たりしだい試してみましょう。

帰るコールのワン切り

携帯ならメールを送るだけでも十分!ですが、家電に掛ける際はメールを送るわけにはいきません。(最近の電話はハイテクノロジーでメール機能がついてるのかな?)そこで、電話代をもっと節約するために、ワン切りをしましょう!これは相手からの電話の掛けなおしを待つという意味ではありません。ワン切りをすれば、時間と相手の名前が残るから 会社を出る時間にかけるなどときめておけば大体帰る時間がわかりますよね?これならタダです!お勧めです。

会社やプランを考える

家族全員同じ会社に統一したり、自分によくあったプランや会社に変えるだけで結構料金が変わってきます。実際、私自身、1万越えしていた携帯代が、プランを変えただけで6000円前後に収まるようになりました。月々4000円の差は大きいですよね。今は携帯のサイトにアクセスすると、自分の料金プランが最適かどうか診断してくれる所もあるので、是非自分の料金がもっと安くならないか調べて見ましょう。

おわりに

如何でしたか?今や現代人にとって携帯はなくてはならないもの。だからこそ、その料金を抑えられたら嬉しいですよね。

関連ライフレシピ

(image by amanaimages)