Apple・iOSの最新バージョン「iOS8」が、9月18日午前2時ごろ、一般向けに公開されました。たくさんの機能追加や改善が行われた今回のアップデートですが、賞賛の声の一方、「アプリが落ちる!」「使いにくい!」という声も。

実際のところアップデートでどのようなことが起こっているのでしょうか?ここではiOS8にアップデートしたTwitter民の声をまとめてみました。アップデートする前に要チェックです!

iOS8にしたらこんなバグが!

LINEでバグ

メッセージや画像を送ろうとすると落ちてしまうことがかなりあるのだとか。LINEユーザーにとって大事件ですね。

しかし、LINEは早くもiOS8に対応したようです!

LINE以外にも、iOS8にあわせて新バージョンを公開したアプリはたくさん。iOS8にアップデートしたら、アプリのアップデートもチェックした方がよさそうですね。

ユーザー辞書が消えた

ユーザー辞書は、いつも使う顔文字やオリジナルの単語を入力するのに重宝しますよね。しかし、iOS8にアップデートしたことで消えてしまったという声も。

アプリ落ちすぎ

LINEだけでなく、iOS8に対応していないアプリはすぐに落ちてしまうという現象が起きているようです。

頻繁に使うアプリがiOS8に対応したバージョンを発表しているかどうか、アップデート前に確認しておくと安心です。

その他不具合

他にもいろいろなバグがあるようです。

iOS8にして困ったこと

バグではないけれど、iOS8の新しい機能などが操作しにくいという声もあります。

safariの使い勝手が大きく変わった

カメラロールがなくなった

様子見の人多数

「人柱」と呼ばれるバグの被害にあった人々の反応を見て、iOS8にアップデートするのはしばらく待とうとしている人が多数います。情報が集まるまで様子を見るのも賢明な判断ですね。

情報を待とう!

早くもiOS8に対応しているアプリもあるものの、やはり不安要素もあるようです。慎重派は、バックアップをしっかり取って、納得できるタイミングでアップデートした方がよさそうですね。

しっかり情報収集して、アップデートするタイミングを見計らってみてくださいね!

(image by amanaimages)