Googleの社内ベンチャーが開発した、リアル課金をすることで有名な「Ingress」というゲームをご存知でしょうか?

「Ingress」は現実世界とリンクした新しい形のゲームで、実際に自分の足を動かして攻略していきます。そのため、ゲームに熱中している人の中には地方に遠征するなどして、リアルマネーを課金する人もいるようです。

そこで、この話題の「Ingress」がどのようなゲームなのかを紹介しようと思います。

「Ingress」とは?

ストーリー設定

ヨーロッパの科学チームが「エキゾチック・マター(XM)」と呼ばれる、人間の思考に影響を及ぼす物質を発見しました。「シェイパー」と呼ばれる未知の敵は、その物質を世界に影響を与えるために利用しようと考えているようです。

そこで、私たち人類はその物質をコントロールしなければなりません!さもなければ、彼らに支配されてしまうからです。

Ingressはシェイパーと人類が、XMの存在している地域を奪い合う陣地取りのゲームなのです。

遊び方

プレイヤーはまず、未知のフォース「シェイパー」による侵略から人類を守る、青色のレジスタンス(抵抗勢力)側か、「シェイパー」による侵略を手助けする、緑色のエンライテンド(覚醒者)側のどちらの「エージェント」としてプレイするのかを選ぶことができます。

どちらを選ぶにせよ、お互いにXMが漏れ出ている陣地を取り合わなければなりません。

陣地は世界中に存在する「ポータル」という拠点を確保して、それらを「リンク」することで広げることができます。自陣を広げることで、その範囲内に住んでいる人々を支配化に置くことができるのです。

ポータルはどうやって探すの?

ポータルは、「スキャナー」という機能を使って探し出します。自分のスマホがこのスキャナーとしての役割を果たします。スキャナーを使って実際に自分の足で歩き回りながらポータルを探すのです。

ポータルは、多くの人が目を奪われる文化的・芸術的・宗教的に重要な場所に存在しています。たとえば、史跡、記念碑、彫像、パブリックアート、図書館、郵便局、駅、教会、神社などによくあるので、探すときの目安にするといいかもしれません。

ポータルを見つけたら、「ハッキング」することで、アイテムを得ることができます。もしそのポータルが敵のものだった場合、経験値も得ることができます。

レゾネーターの設置

ポータルを自陣のものにするために「レゾネーター」というものを設置しなければなりません。これはポータルをハッキングすることで手に入れることができます。

また、設置できるレゾネーターのレベルによって敵に自陣を奪われる可能性が変わってきます。高いレベルのレゾネーターを設置するためには、経験値を貯めて自分のレベルを上げていくことが必要になってくるので、経験値稼ぎも頑張りましょう。

Ingressのどこが面白いの?

現実と非現実のリンク

なんといっても、Ingressの魅力はゲームフィールドである現実世界とゲームの中のバーチャルな非現実の世界が結びついていることです。Google マップを利用しているため、自分が動けばスマートフォンの画面が変わっていくので実感できると思います。

そして、現実世界とリンクしているということもあって、お出かけのついでにプレイしたり、攻略するためにお出かけしたりということができて、ライフスタイルを変えることに役立ちます。

協力プレイ

自陣を守りきるためには多くの仲間と協力しなければなりません。そこで、ゲーム内で連絡を取り合ったり、SNSを利用して連絡をしながらながら攻略を進めたりすることが重要になってきます。

たくさんの人とネット上で関わりあいながら、ゲームを攻略していくのは臨場感があってとても面白いです。

実際のプレイ画面

ポータルにハッキングしているシーン

敵陣のポータルを攻撃しているシーン

ポータル同士をリンクして自陣を増やしているシーン

実際にやってみよう

それでは、実際に始めてみるための初期設定の方法を簡単にご説明します!

STEP1:Googleでログインする

「Ingress」をダウンロードしたらアプリを開いて、Googleでログインをタップしてください。

するとアカウントが表示されるので、「Ingress」に登録したいGoogleアカウントを選んで、タップしてください。もしアカウントを持っていない場合は、以下で作ってみましょう。

STEP2:完了!

位置情報の利用についてのアラートが出現するので、OKをタップしてください。これで、初期設定は完了です。

位置情報は必ずオンにしてくださいね。

リアルのお出かけが楽しくなる「Ingress」

Ingressの魅力は伝わりましたか?

普段から様々なところに出かけたりしている人ならば、Ingressを始めてみたらよりそのお出かけが楽しくなるかもしれません。

また、普段インドアな方でもIngressを始めたらアウトドアな人に生まれ変わるかもしれませんね!

(image by 筆者)