WEBページを簡単にブックマークし、どのPCやスマホからでも閲覧できるブックマーク共有サービス「はてなブックマーク」に、新機能が追加されました。

今回新しく追加されたのは、ブックマークした未読のページを後で通知してくれる、「あとで読む」機能。ここでは、はてブの新サービス「あとで読む」機能の詳細と使い方をご紹介します!

「あとで読む」機能とは?

はてなブックマークの新機能「あとで読む」は、ブックマークした記事に[あとで読む][後で読む]のタグをつけておけば、未読になっているものを通知してくれる機能です。

「あとで読む」に設定しておいた記事は、PCの場合はヘッダーの「あなたへのお知らせ」欄に通知されます。またiOSアプリを利用している場合は、iPhoneなどへの「プッシュ通知」にも対応しています。

忙しくてその場で見れない記事があったときは積極的に利用したい機能ですね!

はてなブックマーク / No.1ソーシャル・ブックマークの公式アプリを App Store で

「はてなブックマーク / No.1ソーシャル・ブックマークの公式アプリ」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。はてなブックマーク / No.1ソーシャル・ブックマークの公式アプリをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

itunes.apple.com

iOSアプリで「あとで読む」機能を使う方法

ここでは、はてなブックマークのiOSアプリでの方法をご紹介します。PC版はてなブックマークなどでも同様に設定が可能です。

STEP1:タグをつけてブックマークする

アプリからブックマークしたい記事を開き、画面下部の「B!」マークをタップします。

すると、ブックマーク登録画面が表示されますので、コメントに[あとで読む]もしくは[後で読む]を記入して、「追加」をタップします。これで完了です。

STEP2:未読のブックマーク一覧を見る

メニュー画面が表示されるので下へスクロールし、一番下の「未読ブックマーク」をタップします。

これで「あとで読む」もしくは「後で読む」タグがつけられた記事が表示されました。

通知のタイミングの設定方法

iOSアプリでの設定方法をご紹介します。

STEP1:設定画面を開く

アプリを開きます。画面右上の「設定」から設定メニューを開き、「あとで読む通知の設定」を選択します。さらに「通知の詳細設定」をタップします。

通知を受け取りたくない場合は「通知を受け取る」をOFFにします。

STEP2:各種設定する

「あとで読む」の通知設定をします。曜日時間通知するブックマークの範囲を設定できます。

ここでは、12時間以上前にブックマークした記事を、土曜日の10時に通知するよう設定しました。

設定したら「変更を保存する」をクリックし、完了です。

iPhoneへのプッシュ通知の設定方法

iOSアプリからの通知は、様々に設定をカスタマイズすることができます。

STEP1:設定画面から「はてなブックマーク」を選択

iPhoneの設定を開き、「通知」をタップします。

通知画面を下にスクロールすると「はてなブックマーク」のアイコンが出てくるのでタップします。

STEP2:設定する

はてなブックマークの通知設定画面が開くので、各種設定します。プッシュ通知をしたくないときは「通知を許可」をOFFにします。これで完了です。

注意点

タグの種類

この機能には、「あとで読む」もしくは「後で読む」の2つのタグにのみ対応しています。他のタグでは機能しないので注意しましょう。

既読判定

「未読ブックマーク」もしくは「ブックマーク」から記事を読んだときのみ既読の判定がされます。他のページから記事を読んでも既読の判定はされません。

再度通知はされない

一度通知した記事が再度通知されることはありません。

通知対象の記事

2014年8月1日以降にブックマークした記事が新機能の対象になります。

はてなブックマークの新機能で快適なWEBライフを!

この機能を使えばいつでも気になる記事をストックしておくことができますね。「あのページ後で読もうと思ったのに見当たらなくなっちゃった……」なんてことのないよう、しっかり使いこなしていきましょう!

(image by 筆者)