せっかくiOS8にアップデートしたものの、「Fecebookアプリが重くて使えない!」ということはありませんか?特にFecebookのヘビーユーザーにとっては一大事ですよね。

読み込みが遅くなってしまうのは、「アプリを使うほどキャッシュファイルが溜まってしまうから」などの理由があります。

そこでここでは、フェイスブックアプリを少しでも軽くして、サクサク快適に使う3つの方法をご紹介します!

動画のオートプレイをOFFにする

1つ目の方法は「動画のオートプレイをOFFにする」ことです。動画が投稿されると自動的に再生されるように設定されている場合、アプリが重くなりがちです。

まずはiPhoneの設定アプリを開き、下にスクロールします。Facebookのアイコンがあるのでタップします。

Facebookのメニューから「設定」を選択し、「Auto-play」をタップします。

3つの選択肢から「OFF」を選択します。前ページに戻ると、「Auto-play」がOFFになっています。これで完了です。

再インストールする

2つ目の方法は、アプリを一度削除し、再インストールする方法です。

どれかアプリ1つを長押しし、削除できる状態にします。フェイスブックのアイコンの上にある×印をタップし、確認画面で「削除」を選択します。これでFecebookアプリがデリートされました。

FacebookはSNSなのでデータはネット上に保存されていますが、アプリを削除するときはデータの管理に十分注意し、自己責任で行ってください。

ログアウトする

最後の方法は、設定しているアカウントを一度ログアウトし、再びログインする方法です。再インストールより手間がかからず、リスクも少なくてすみます。

フェイスブックを開き、右下の「その他」をタップします。メニューが開くので、下にスクロールします。

一番下に「ログアウト」があるので選択し、確認画面で再度「ログアウト」をタップします。これで完了です。

もう一度ログインしてみると、動作が少し軽くなるはずです!

サクサク快適にFecebookを使おう!

フェイスブックアプリの動作を軽くする3つの方法をご紹介しました。これで地方など電波が弱い場所でもサクサク動かせますね。ぜひ試してみてください!

(image by 筆者)