2014年9月26日、スターバックスコーヒーの店内で利用できるフリーWi-Fi、「at_STARBUCKS_Wi2」に、SNSアカウントでの認証方式が追加されました。

これまで、スタバでWi-Fiを利用する際にはメールアドレスとパスワードの登録が必要でした。すぐ使いたいときにはちょっぴり面倒なシステムでしたが、これからはFacebookやTwitterなどのアカウントがあればカンタン・お手軽にインターネットにログインできるようになりました!

SNSアカウント認証ってなに?

SNSアカウント認証とは

それまで、スターバックスでWi-Fiを使いたいときはまずメールアドレスを登録し、そのメールに送られてくるリンクをクリックして初めてインターネットが利用可能になる…というログイン方法でした。

しかし今回のこのSNSアカウント認証では、メールアドレスを登録する代わりに各種SNSでログインするだけで、フリーWi-Fiへの接続が可能になるのです!

SNSアカウント認証に対応するのはFacebook、Twitter、Google、Yahoo! JAPANのアカウント。このうちどれかひとつのアカウントを持っていれば、ストレスフリーにスタバのWi-Fiを利用できます。

利用可能時間は1時間。無線LAN規格はIEEE 802.11a/b/g/nに対応し、それぞれ安定しているようです。これでコーヒー片手にMacbookでインターネット…などといったオシャレなノマド生活も捗りますね。

なお、無線LAN区間の暗号化は行っていないようですので、通信内容には気をつけましょう!

外国人観光客への利便性も上昇

SNSアカウント認証でフリーWi-Fiへのログインができるようになったことで、スマホやパソコンなどでインターネットに接続したい訪日外国人の利便性向上にもつながるようです。

2020年には東京オリンピックも開催されますし、今後海外から日本への旅行者や滞在者が増えることが予想されています。そんなとき、スターバックスでフリーWi-Fiが使えるとなると、とても便利です。日本のフリーWi-Fi環境が、スターバックスのような大手チェーン店をきっかけとして、今後どんどん改善されていってほしいですね。

SNSアカウント認証で接続してみる

実際にSNSアカウント認証でインターネットに接続してみましょう!ここでは、iPhoneで接続方法をご説明します。

STEP1:WiFiに接続する

スターバックスに入店したら、設定アプリから「Wi-Fi」のページへ行きましょう。

Wi-Fiをオンにし、そこから「at_STARBUCKS_Wi2」を選択し、接続します。オンオフ欄の真下に「at_STARBUCKS_Wi2」が表示されれば、接続完了です。

なお、一部店舗ではフリーWi-Fiが使えません。利用が可能な店舗はこちらからご確認ください:公式ページ「エリア検索」

STEP2:SNSでログイン

接続が完了すると、SafariなどのWebブラウザを開いたときにWi-Fiのログイン画面が出てくるので、ページ下部へとスクロールしましょう。すると、「他のSNSサービスのアカウントでログイン」というメニューがありますので、その中から接続したいSNSアカウントを選び、タップします。

ここでは例としてTwitterを選択します。

するとログイン&認証画面に遷移するので、必要事項を入力し、「ログイン」をタップします。「at_STARBUCKS_Wi2にログインしました」というページが開けば、Wi-Fi接続完了です。さくさく無料インターネットを楽しみましょう!

利用可能時間が最大1時間ということを忘れずに!

ストレスフリーにインターネット!

ログイン画面の利便性がよくなったことで、フリーWi-Fiの利用者がもっと増えていきそうですね。スターバックスに行ったときは、通信内容にも気をつけながら、どんどんインターネットを使ってみましょう!

詳しいサービス内容については公式ページをご覧ください。

(image by 筆者)