iOS8へのアップデートにより、地味にうれしい文字入力機能の改善がありました。たとえば「カギカッコが日本語のキーボードから入力できるようになった」ことは地味にうれしいですよね。

他にも、iOS8からは簡単に変換できるようになった言葉がたくさんあります。今までは面倒だった文字入力の一部が、この機能があれば解決できるかもしれません。簡単にご紹介します!

iOS8から簡単にできるようになった文字入力まとめ

日付け

「きょう」と入力すると、その日の日付けへ変換できます。「10/5」「2014/10/03」など、形式も選べるのがポイント。「きのう」「おととい」も同様です。

「あした」「あさって」も変換可能。

なんと「しあさって」「ごあさって」「やのあさって」まで変換できました。

「ことし」と入力すると、その年へ簡単に変換できます。こちらも、西暦・平成と選べます。「らいねん」「さらいねん」も同様です。

「きょねん」「おととし」「さきおととし」も変換できました。

カンマ付き数字

数字を入力すると、様々な形式で変換してくれます。カンマ付きの数字へ変換できるのはうれしいですね。

日付・時間

同様に、数字を入力するとそのまま時間や日付けに簡単に変換できます。「12月25日」は4桁の「1225」から、「1月1日」は2桁の「11」から変換できました。

住所

最後に、住所への変換です。郵便番号7桁をハイフンなしで入力すると、住所へ変換できます。郵便番号つきの住所、郵便番号なしの住所、ハイフン入りの7桁と3つの候補が出てきますので、使いたいものを選べます。

使いこなして時短ライフを送ろう!

住所や日付けは、しっかり打とうとすると意外に手間や時間がかかるもの。それがこんなに簡単に入力できるのはうれしいですよね。使いこなせれば、作業の時短につながりそうです!

また、「」(カギカッコ)の入力もとっても簡単になったんです。詳しくはこちらをご覧ください!

(image by 筆者)