会議をはじめ、ちょっとした内容をメモするために使われる「ポストイット」。程よいサイズ感で、多くの人に利用されているこの商品ですが、枚数が多くなると、かさばり、保管が難しくなります。

また、PCやノートにメモの内容をまとめようにも、枚数が多くなると整理するだけでも相当な時間が掛かります。

そこで今回は、そんな悩みを解決してくれるiOSアプリ「Post-it® Plus(ポストイットプラス)」のつかい方について紹介したいと思います。

このアプリをつかえば、一瞬でたくさんのポストイットを保存・管理・編集することができますよ!

「Post-it® Plus(ポストイットプラス)」の使い方

STEP1:ポストイットを撮影する

アプリを起動したら、画面下にある「カメラマーク」を選択します。

撮影したいポストイットがすべて映るよう距離を測り、画面下の「カメラマーク」をタップして撮影します。

撮影が成功すると、画像のように読み取りが完了します。緑の枠で囲まれたポストイットは、読み取りが成功したということです。画面右下にある「Create Board」をタップして編集画面へ移ります。

STEP2:グループを選択し、編集する

「Create Board」をタップすると、「Board」という編集画面に移ります。グループの名前部分をタップするとそのグループの詳しい編集が可能になります。

「Rename Group」をタップすると、グループの名前を編集することができます。グループ名を「10/15」に変更しました。

STEP3:配置を変える

「Rename Group」の隣にあるアイコンをタップすると、様々な配置を選択することができます。

横幅をタイトにした配置で整列させたり、正方形の形に整えることもできます。

ポストイットが認識されないときは…

ポストイットを撮影するとき、時には、認識されないものがあります。そんなときの対処法についてご紹介したいと思います。

上記STEP1で、認識されていないポストイットがあったら、そこをタップします。すると、タップした付近が拡大されます。

読み取りたい範囲を細かく調整し、調整完了後、画面右下の「Done」をタップします。これで、全てのポストイットが認識されました。

たくさんのアイデアや情報を保有しよう!

「Post-it® Plus(ポストイットプラス)」を使えば、かさばるポストイットを持って帰ったり、わざわざPCやノートに写したりする必要なく、瞬時にスマホに保存することができます。

また、カメラで撮影するだけですぐに読み取ることができるので、その日出たアイデアの鮮度を保つこともできます。

社会人になるとポストイットを頻繁に使う方も多いと思いますが、このアプリがあればより効率よくタスクや進行の管理などを行うことができますね。ぜひお試しください!

(image by 筆者)