2014年10月にLINE等から追加の資金調達を実施した株式会社トランスリミットが提供している、リアルタイム対戦型脳トレアプリ「BrainWars」。世界のつわものたちとリアルタイム対戦し、ハラハラドキドキを味わいながら脳トレをすることができます!

今回は話題の「BrainWars」の使い方や楽しみ方を紹介します。

BrainWarsとは?

BrainWarsは2014年5月14日にiOS版、2014年9月30日にAndroid版がそれぞれリリースされ、わずか約5カ月というスピードで累計500万ダウンロードを達成した、いま話題のリアルタイム対戦型脳トレアプリです。

なおダウンロードは無料で、一部アプリ内での課金があります。

「BrainWarsは世界中のプレイヤーとお互いの脳をフル回転させて戦う対戦型知的ゲームです。その内容は、子供から大人まで誰にでも理解できるシンプルかつ直感的なミニゲームを題材に、プレイヤー同士がお互いのスコアを競い合うことで対戦します。「誰もが全てのルールを理解出来る」というコンセプトで設計されているため、特定の知識や言語に依存せず、脳の柔らかさや回転といった脳機能自体が勝負のカギを握ることとなります。」(株式会社トランスリミットのホームページより)
アプリ内のどのゲームもルールはとても簡単で、老若男女問わずみんなで楽しめます!

ゲームの遊び方

ダウンロードからリアルタイムバトルの仕方まで以下でご紹介いたします。

まずはダウンロードしてアカウントを作成しよう!

まずはアプリをダウンロードしてアプリを開きます。

アカウントはfacebookアカウントと連携して作成できるので、Facebookをお使いの方は簡単に登録できます!もちろん、SNSと連携せずに登録することも可能です。

早速リアルタイムバトル!

アカウントの作成が完了すると、有無を言わさず早速リアルタイムバトルが始まります!(以下で記載している通り通常のバトルは3ROUNDですが、最初のバトルは4ROUNDとなります。)

5秒間ゲームのルールを確認できる画面が表示されるので、急いで理解しよう!

アイコンの意味と遊び方の概要を理解しよう!

  • ハート

バトルを仕掛けるにはハートが必要となります。1回バトルを仕掛けると1つハートが減りますが、数分~十数分でハートは回復します。

  • コイン

コインはバトル時に自分でゲームを選択する権利を得るために使います。コインはキャンペーン等で無料で付与されることがあるほか、20枚200円から購入することができます。

  • パラメータ

バトルで行ったゲームの結果に基づき、あなたの能力がパラメータとして表示されます。

  • Grade

バトルの結果により、各脳力ポイントを上げて次のGradeを目指す仕組みになってます。Gradeが上がるとゲームの難易度が上がります。

  • Rank

BrainWarsはランキング機能が充実しており、ワールドランクとリーグランクがあります。リーグはS、A、B、C、Dの5つのリーグに分かれており、各リーグ内のランキングによって毎週リーグの昇格・降格が決定される仕組みとなっています。

トレーニングで鍛えよう!

いきなりのリアルタイムバトルで全然できなかった人は、まずは下部のアイコンいちばん右の「三」のアイコンからメニューを開き、「トレーニング」をタップ!ここから、各種脳トレゲームのトレーニングができます。

実際にプレイしながら各ゲームのルールやコツを確認し、脳を慣らそう!

十数個あるゲームの中から2つを紹介!

  • フリックマスター

青の矢印が表示されたら矢印の方向に、赤の矢印が表示されたら矢印とは逆の方向に、フリックします。瞬時の判断力が勝負を分けます!

  • 後出しジャンケン

こちらもフリックマスターと似ていますが、青い手が表示されたら勝つ手を、赤い手が表示されたら負ける手を選択!

いざ、再びリアルタイムバトルへ!

トレーニングで自信がついたら、ホーム画面の画面下の「バトル」ボタンをタップ!すると、自動的に対戦相手を探してくれます。

対戦相手が決まったら早速ROUND1!バトルはROUND3までの3回勝負で、それぞれのROUNDにおけるゲームの種類はランダムで決定されます。ただし、コインを使えばゲームを選ぶこともできます。

ROUND3までのそれぞれのスコアの合計得点で、勝負が決まります。

おわりに

Facebookの友達にバトルを仕掛けられたり、また日本を超えて世界のプレイヤーをリアルタイムでバトルできるのが楽しい「BrainWars」。Gradeが上がるとトレーニングできるゲームも増えるので、Gradeが上がる→苦手なゲームを克服する→もっとGradeが上がる……と、どんどんのめり込んでしまいそうです。

休日の多い11月や年末年始、家族や友人、恋人とBrainWarsで勝負して遊びながら、脳のトレーニング・バトルをしてみてはいかがでしょうか?意外と負けたら悔しいので、みんなでハマっちゃうかもしれません。

(image by 筆者)