「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」では細かいニーズにも対応したアンケートを作成することができます。具体的に質問を設定することで、理想の答えが返ってくる可能性がグッと高まります。

ここでは、「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」で正しいアンケートを作成する方法をご紹介します。

アンケートの作成方法

今回作るアンケート例として、以下のような条件を設定します。

レストランの満足度をアンケートで回収しながら、来店者の簡単な個人情報と来店頻度を聞いてサービス改善に役立てる。同時に、アンケート回答者に来店時に使えるクーポン券などを配布して次回利用を促進する。

このとき、アンケートに必要な要素は以下のとおりです。

  • 「来店者の簡単な個人情報」を聞く
  • 「来店頻度」を聞く
  • クーポンを配布する

このように必要な要素を整理しておくことで、よりアンケートをスムーズに作れるようになります。

それでは、早速アンケートを作ってみましょう。

「来店者層の簡単な個人情報」を聞く質問はSTEP5~STEP7、「来店頻度」を聞く質問はSTEP9、クーポンを配布する設定はSTEP11を参考にしてください。

上記のSTEPを変えることで、他のアンケートにも応用することができます。

STEP1:「アンケートの作成」をクリックする

ログイン後のホーム画面上部にある「アンケートの作成」ボタンをクリックします。

STEP2:テンプレートを選択する

セットアップ画面が表示されたら、「専門家承認のテンプレートを利用する」をクリックし、その中からテンプレートを選択します。

メニュー左側にジャンルが分かれているので、飲食店に相当する「サービス業」をクリックすると「飲食店アンケート」が表示されます。

使用したいテンプレートが見つかったら、「このテンプレートを使用する」をクリックしましょう。

STEP3:「質問バンク」をクリックする

テンプレートを元にアンケートが作成されました。

ここからさらに、得たい情報を引き出す質問を追加していきます。質問は「質問バンク」の中に収納されているので、ここをクリックします。

STEP4:「人口統計」をクリックする

来客者層などに関する質問は「人口統計」のタブに収納されているので、「人口統計」をクリックします。

STEP5:質問をクリックする

最適な質問を見つけたら、カーソルを合わせると表示される「追加」をクリックします。

ここで、「来店者の簡単な個人情報」にあたる「性別」などを追加します。

STEP6:質問を編集して「保存」をクリックする

質問の追加フォームが表示されるので、質問を編集します。

質問を追加する位置を変えたいときは、上部の「移動」をクリックしましょう。編集が完了したら、「保存」をクリックします。

STEP7:他の質問も追加する

STEP5、STEP6と同様に追加したい質問を選択し、追加します。

STEP8:オリジナルの質問を追加する

「来店頻度」に関する質問は質問バンクになかったので、オリジナルの質問を追加します。

「ビルダー」の中から最適な形を選んでクリックしましょう。ここでは「複数選択肢」をクリックしました。

STEP9:質問内容や回答を編集する

「+」ボタンでボックスを増やすことができるので、自分の欲しい情報を引き出せるように質問を編集します。

編集が完了したら「保存」をクリックします。質問がすべて揃うまで、質問の作成と編集、保存を繰り返します。

ちなみに「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」の基本機能は全て無料で利用できるので、ここまでは全て無料で作成できます。有料プランでも月額3,400円からと、誰でも利用しやすい価格設定です。

STEP10:「回答の収集」をクリックする

アンケートの作成が終了したら、画面上部右上にある「回答の収集」をクリックします。

STEP11:「高度なオプションを表示する」をクリックする

アンケートは作成できましたが、「回答者にクーポンを配布する」という要素がまだ追加できていません。

この機能を加えるために、「高度なオプションを表示する」をクリックします。

STEP12:回答後のリンク先を入力する

表示されたメニューの一番下にある「アンケート完了」の中にある入力バーにクーポンのページなどのURLを入力すれば、設定は完了です。

以上が具体的なアンケート作成の1例です。

おわりに

アンケートを簡単に作成できるのが魅力の「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」。一度アンケート作成に慣れてしまえば、調査の幅がどんどん広がっていきそうですね。

アンケート調査の必要を感じたら、ぜひ試してみてください!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)