「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」は世界利用者数2000万人、顧客満足度99.5%を超える、アメリカ・シリコンバレー発のアンケート作成ツール会社及びそのサービスです。

2000万人の中には日本の企業も多く含まれており、収集した情報の汎用性の高さや使い勝手の良さ、さらには無料で使えるという点に注目が集まっています。

ここでは「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」が提供するサービスとはどんなものか、またどんなことができるのかについて詳しくご説明します!

「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」でできること

無料で簡単にオンラインアンケートを作成できる

「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」は、個人による簡単な意見収集から大企業、NPOまで幅広く利用されています。アメリカの優良企業500社のランキングである『Fortune500』にランクインする企業・団体の99%が「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」を利用しており、本格的な市場調査や商品開発、従業員満足度まで、利用法もさまざまです。

オンラインで簡単にアンケートが実施できる「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」のテクノロジーにより、以前は専門家しか実施できなかったアンケートを一般人や担当者レベルまでに解放したとも言われています。

190ヶ国16言語に対応・展開しており、1日のアンケート回収数は220万件と膨大な数になっています。オンラインで素早く回答を集めるには最適のサービスです。

そんな便利なオンラインアンケートを初心者でも無料で簡単に作成できるのが「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」の最大の特徴と言っても過言ではありません。

簡単に作成できる理由として、以下のような点が挙げられます。

  • 誰でも簡単な操作性
  • 専門家承認の70以上のアンケートテンプレート
  • 質問バンクという質問と選択肢のレコメンド機能
  • FAQやブログでの豊富なアンケートノウハウの紹介
  • ロゴや動画などを埋め込んでアピールできる

アンケートの作り方を把握してしまえば、様々なアンケートを素早く手軽に作れるようになりますので、調査の幅も広がります。

多くの方法でアンケートを配布できる

アンケートを作成したら、多くの人に答えてもらうために配布しなければなりません。しかし、リンクの埋め込みやSNSへのアンケートでの配信なんてどうやればいいのかわからない!という方も多いはずです。

「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」ではクリック一つでアンケートURLが発行され、サイト埋め込み用のコードも表示されます。また、SNSへの投稿は、配布用のフォームが用意されており、任意の文言情報を入力してすることで管理画面から直接投稿することができます。

さらに、アンケート回答者を回答後に自社ページにアクセスするよう誘導するなど、任意のリダイレクト先を設定できたり、最大回答数を設定できたりと、あらゆるニーズに合った機能が充実しています。

様々な方法で結果を集計、抽出できる

アンケートをリアルタイムで集計できることはもちろん、その後に活かすためのデータ抽出方法も豊富に揃っています。

質問ごとの回答数にフィルターをかけて比較することもできれば、個別の回答を詳細に表示して閲覧することもできるのです。

ExcelやPDFでも出力できるので、収集したデータは自分たちの使いやすいように利用できます。URLを発行すれば、印刷などの手間を省いて社内で簡単に共有できてしまいます。

上手く使いこなすためのポイント

事前に得たい情報を明確にする

アンケート作成画面には多くのボタンが配置されています。使っているうちに活用法に気づくボタンもありますが、すべてのボタンの機能を把握するのは難しいですよね。

事前にどんな情報を得たいかを明確にしておくと、使う機能も自ずと明確になってくるので、作成前に大雑把でもイメージを作っておくとスムーズに進みます。

ヘルプ機能を活用する

使いたい機能は決まっても、ボタンの配置や具体的な使い方まではイメージしにくいことがあります。そんなときはヘルプ機能が有効です。

ほとんどのボタンにヘルプ機能がついていて、カーソルを合わせるだけでその機能を説明してくれるので、つまずいた際はまず確認してみましょう。

おわりに

情報収集能力もさることながら、「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」が提供するアンケートのノウハウを読むだけでも勉強になります。

ピンポイントな情報収集にも使えるサービスですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)