YouTubeでは動画をMOV、MPEG4、AVI、WMV、MPEGPS、FLV、3GPP、WebMという8つの形式でしかアップロードできできません。

なので、もしこれらの形式以外の動画をYouTubeにアップロードしようとしたら、8つの形式のいずれかに変換しなければなりません。しかしそうするとアップロード速度を上げるために動画の画質が落とされる可能性があります。

画質と流暢度は形式によるだけでなく、解像度、ビットレート、フレームレートにも関わります。

ところが「スーパーメディア変換」を使えば、YouTubeの動画を変換して画質を高め、直接動画をYouTube対応の形式に変換することができます。ここではその手順についてご説明します。

YouTube以外の動画も同じ手順で行えます。

スーパーメディア変換でYouTubeの動画を変換する手順

  • STEP1:スーパーメディア変換のソフトをダウンロードしてインストールします。

  • STEP2:ソフトを実行してから「ダウンロード」に入ります。

  • STEP3:YouTube動画のURLをコピーしてソフトで「URL追加」をクリックし、URLは貼り付けます。

  • STEP4:出力形式を変更します。

  • STEP5:「OK」を押すと変換し始めます。

動画をYouTube対応形式に変換する手順

  • STEP1:スーパーメディア変換のソフトをダウンロードしてインストールします。

  • STEP2:ソフトを実行してから「ダウンロード」に入ります。

  • STEP3:右側の出力形式選択肢で「フォーマット」→「ウェブ」→「YouTube」を選びます。

  • STEP4:右下の「オプション」でパラメータを設定します。

エンコーダはH264にするのををおすすめします。

おわりに

スーパーメディア変換を使えば、動画のクオリティを落とさずにサイトにアップロードできるようになります。

(image by 筆者)