昨今、Gunosy(グノシー)やSmartNews(スマートニュース)などのニュースサイトで、自分が関心のありそうな記事やブログを集めて情報を仕入れ、仕事や趣味に役立てる方が増えてきました。

インターネットに情報があふれている中、効率よく自分好みのニュース、記事、ブログなどを探す手段は、目まぐるしく変化するこの社会では必須ツールですよね。

そこでこの記事では、RSSリーダーである「feedly(フィードリー)」と、新着トピックを知らせてくれるサービス「Googleアラート」を連携させ、自分好みの情報収集ツールを作る方法をご紹介します。

さらに、その集めた情報をスマホでも見られるよう、スマホアプリ「feedly(フィードリー)」でフィードを見る方法をご紹介します。

どんな情報を集められる?

「feedly(フィードリー)」とは

「feedly(フィードリー)」とは、インターネット上に数ある情報を効率良く収集、共有するのに役立つRSSリーダー(RSSを読み取る、集めるツール)です。

RSSとは、簡単に言うと、Webページの見出しや要約などの情報がまとまっているフォーマットのこと。RSSを読み取ることで、Webサイトの更新情報を受け取ることができます。

ですから、RSSを公開しているサイトやページを「Feedly(フィードリー)」に登録しておけば、自動的にWebサイトの更新情報を受け取れます。

「feedly(フィードリー)」は、同一アカウントであればPC版でもスマホアプリ版でも閲覧可能です。
「feedly(フィードリー)」のハウツー記事はこちら

「Googleアラート」とは

「Googleアラート」とは、関心のあるトピックについての新しい情報が見つかったときに、メールやRSSで通知をしてくれるサービス。

登録したキーワードにひっかかる記事やニュースなどを通知(アラート)してくれます。

通知を受け取る頻度や検索するWebサイトの種類、アラートを受け取る媒体(たとえばメールアドレスやRSSリーダー)などは、自由に選択可能。

まとめると・・・

  • 「feedly(フィードリー)」:関心のあるサイトやページの情報をフィードに集められる
  • 「Googleアラート」:特定のキーワードで情報を集められる

上記2つを連携すると、「feedly(フィードリー)」で取得できる情報に加え、「Googleアラート」で得られる情報を、「feedly(フィードリー)」内でまとめて表示できるわけです。

「feedly(フィードリー)」と「Googleアラート」を連携させる方法

STEP1:「feedly(フィードリー)」の「Login」をクリック

feedly(フィードリー)」トップページ右上の「Login」をクリックします。

STEP2:「Continue with ○○(サイト名)」をクリック

「Continue with ○○(サイト名)」をクリックします。

ここでは例として、「Continue with Google」をクリックします。

あらかじめGoogleやFacebookでアカウントを作っておく必要があります。

STEP3:メールアドレス・パスワードを入力

メールアドレス・パスワード欄をクリックして、それぞれ登録情報を入力します。

STEP4:「ログイン」をクリック

「ログイン」をクリックします。

STEP5:「承認する」をクリック

「承認する」をクリックします。

STEP6:別のタブで「Googleアラート」を開く

「feedly(フィードリー)」はそのままにしておき、別のタブで「Googleアラート」を開きます。

STEP7:「アラートを作成」欄をクリック・キーワードを入力

「アラートを作成」欄をクリックし、検索したいキーワードを入力します。

ここでは例として、「DIY」と入力します。

STEP8:「オプションを表示」をクリック

「オプションを表示」をクリックします。

STEP9:「配信先」欄をクリック

「配信先」欄(メールアドレスが表示されている欄)をクリックします。

STEP10:「RSSフィード」をクリック

「RSSフィード」をクリックします。

STEP11:「アラートを作成」をクリック

「アラートを作成」をクリックします。

STEP12:「RSSアイコン(電波のようなアイコン)」を右クリック

「RSSアイコン(電波のようなアイコン)」を右クリックします。

STEP13:「リンクアドレスをコピー」をクリック

「リンクアドレスをコピー」をクリックします。

STEP14:「feedly(フィードリー)」を開く/検索欄を右クリック

「feedly(フィードリー)」を開き、検索欄を右クリックします。

STEP15:「貼り付け(P)」をクリック

「貼り付け(P)」をクリックします。

STEP16:表示された候補「Google アラート - ○○」をクリック

検索欄の下に表示された候補「Google アラート - ○○」をクリックします。

ここでは「Google アラート - DIY」をクリックします。

STEP17:「+feedly」をクリック

「+feedly」をクリックします。

STEP18:「Title」欄にタイトルを入力/「Collection」欄にカテゴリーを入力

「Title」欄にタイトルを、「Collection」欄にカテゴリーを入力します。

ここでは例として、両方「DIY」と入力します。

ジャンルなど、自分がわかりやすい名前を入力すると後で見やすいです。

STEP19:「Add」を入力

「Add」を入力します。

STEP20:完了!

これで「feedly(フィードリー)」と「Googleアラート」を連携させることができました。

あとは、スマホアプリ「feedly(フィードリー)」で見られるようにするだけです。

スマホアプリ「feedly(フィードリー)」でフィードを見る方法

ここではiPhoneアプリ「feedly(フィードリー)」を使ってご説明します。

STEP1:アプリ「feedly(フィードリー)」を起動

アプリ「feedly(フィードリー)」をダウンロード、起動します。

STEP2:「三」をタップ

左上の「三」をタップします。

STEP3:ログインするサイトアカウントをタップ

ログインするサイトアカウントをタップします。

前見出し『「feedly(フィードリー)」と「Googleアラート」を連携させる方法』のSTEP2で選んだサイトアカウントと同じものを選びます。

STEP4:メールアドレス・パスワードを入力

メールアドレス・パスワード欄をタップして、それぞれ登録情報を入力します。

STEP5:「ログイン」をタップ

「ログイン」をタップします。

STEP6:「承認する」をタップ

「承認する」をタップします。

STEP7:完了!

PC版と同じアカウントでログインすることができました。これでスマホアプリ「feedly(フィードリー)」を閲覧することができます。

情報収集はひとまとめにするのがコツ

情報収集したいからといって、いくつものサイトを活用していては時間の無駄。役立つサービスを自分好みにカスタマイズし、数ある情報のなかから、短時間で、ピンポイントな情報を手に入れるスキルも必要です。

この記事で紹介した「feedly(フィードリー)」と「Googleアラート」を連携させる方法/フィードをスマホアプリ「feedly(フィードリー)」で見る方法をぜひご活用ください。

(image by 筆者)