「友達の投稿にハッシュタグ(#)付いてるけど、あれなに?意味あるの?」「付けたのに反映されない」「そもそも付け方がわからない」などの悩みを抱えていませんか?

ハッシュタグ(#)の使い方をマスターすれば、Instagram(インスタグラム)を今までより楽しく利用できます。

この記事では、Instagram(インスタグラム)でハッシュタグ(#)を付けて投稿する方法をご紹介します。

ハッシュタグ(#)とは

ハッシュタグ(#)とは、投稿した写真のタグ・キーワードのようなものと考えていいでしょう。

Instagram(インスタグラム)では、ハッシュタグ(#)が付いた投稿をかんたんに探せます。たとえば「#ねこ」を検索すれば「ねこ」に関連した画像が一覧表示されます。

自分の投稿内容にハッシュタグ(#)を付ければ、そのワードを検索したユーザーに自分の投稿が表示されます。

もっと詳しく知りたい方は、下記リンク記事もご覧ください!

やり方

ワードの前に「#」を入力する

投稿前の段階で「キャプションを書く」欄をタップ、「#」と入力、そして「#」の後に文字を入力するだけでOK!入力し終えたら、ページ下部の「シェア」をタップして投稿します。

注意点として、ハッシュタグの前後には半角スペースを入れてください。「(半角スペース)#〇〇(半角スペース)」のように半角スペースを入れないと、ハッシュタグとして認識されません。

ハッシュタグ(#)は1投稿に、いくつでも付けられます。また、投稿に対してのコメントにハッシュタグ(#)を付けてもOK!

ハッシュタグ(#)を付けたワードが青くなっていればOK!

注意事項

  • 「#」と文字の間にスペースをいれるとNG
  • 文字の間にスペースをいれるとNG

上記をしてしまうと、ハッシュタグ投稿として認識されないので気をつけましょう。

たとえば、「# ねこ」は、「#」と文字の間にスペースがあるのでNG。「#Let it be」も、文字の間にスペースが入っているのでNGです。この場合「#Let」だけハッシュタグ投稿として認識されます。

要チェック!Instagram(インスタグラム)のおもしろタグ50選

Instagram(インスタグラム)でハッシュタグを付けて投稿する方法をご紹介しました。

ハッシュタグ(#)の使い方は人によってさまざまです。ハッシュタグ(#)を検索タグとして付けるユーザーもいれば、ユーモアのある投稿をするために使うユーザーもいます。その一例として、下記リンク記事もぜひご覧になってみてください。

(image by 筆者)