2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、12月1日から東京の地下鉄143駅と東京メトロで無料Wi-Fiサービスが開始されました。

アプリをダウンロードした上で利用するものですので、これまでのWi-Fiとは接続の仕方が少し異なってきます。しかし、使えるようになれば地下鉄での移動時間がより有意義なものになること間違いなしですね。

そこでここでは、地下鉄143駅で利用できる無料Wi-Fiサービス、及び「Japan Connected-free Wi-Fi」の使い方をご紹介いたします。

「Japan Connected-free Wi-Fi」とは何か?

「Japan Connected-free Wi-Fi」とは、フリーWi-Fi接続アプリです。

従来の飲食店などで利用できるフリーWi-Fiは、接続をするときに毎回利用登録をしなければいけませんでした。しかし、このアプリを使えばフリーのWi-Fiスポットで「Connect」ボタンを一回押すだけで容易に接続することができます。

12月1日から東京メトロと一部地下鉄でも無料Wi-Fiサービスが開始されたようですが、町中のフリーWi-Fiとつなぐことができるサービスなので、利用可能なエリアはかなり広大です。

上記の写真は渋谷駅周辺で接続することができるフリーWi-Fiのスポットです。この地域だけでもかなりのスポットがあることが分かります。

アプリへのログイン方法

STEP1:アプリをダウンロードする

アプリのダウンロードはこちら【iPhone版】
アプリのダウンロードはこちら【Android版】

STEP2:Facebookでログインする

メールアドレスで登録する方法もありますが、今回はFacebookを使ったログイン方法を紹介します。

アプリを開いたら以下の3つの作業をして、Facebookでログインしてください。

  • 「Facebookでログイン」をタップする
  • 利用規約のダイアログで、「確認しました」をタップする
  • Facebookのログイン情報を入力し、「ログイン」ボタンをタップする

STEP3:完了

以下の作業を終えると、ログイン完了です。

  • 自分のFacebookの情報を提供することに「OK」ボタンをタップする
  • 「アプリトップへ」をタップする

行き先がすでに決まっている場合の接続の仕方

通勤通学などで毎日使うような駅であれば、自動的にWi-Fiにつながるように登録したいですよね。今回は、実際に東京メトロ渋谷駅に行って無料Wi-Fiに接続できるかを確かめてみました。

STEP1:東京メトロ渋谷駅のSSIDを見つける

まずは、Wi-Fi接続に必要な東京メトロのSSIDを探します。以下の手順で探してください。

  • アプリトップページにある「Service Provider」をタップする
  • 下にスクロールして、「東京メトロ」を探す

これで、東京メトロのSSIDは「Metro_Free_Wi-Fi」だと分かりました。

STEP2:東京メトロ渋谷駅に行く

実際に東京メトロ渋谷駅に行きます。

今回は銀座線の渋谷駅に行きました。

STEP3:調べたSSIDのWi-Fiに接続する

東京メトロのSSID「Metro_Free_Wi-Fi」に接続をします。以下の手順で、接続してください。

  • 「設定」のアプリで、「Wi-Fi」をタップする
  • 「Wi-Fi」をオンにする
  • 「ネットワークを選択」から、SSID「Metro_Free_Wi-Fi」を探してタップする

STEP4:アプリで接続を確認する

もう一度、アプリを開いて接続をします。以下の手順でWi-Fi接続をして下さい。

  • アプリのトップページ右上の「インターネット接続へ」をタップする
  • 「インターネットへ」をタップする

これで、Wi-Fiに接続することできました。

通りがかった場所でWi-Fiを使いたくなった場合の接続方法

Wi-Fiスポットを探すために以下の作業をしてください。

  • アプリトップ画面で「Search」ボタンをタップする
  • 近くにある電波のマークをタップする
  • Wi-FiのSSIDを覚える

終わったら、上記の「行き先がすでに決まっている場合」と同様のやり方で接続してみてください。

接続が完了したら、このような画面になります。

これは、JR渋谷駅で接続した結果です。

ちなみに東京メトロ半蔵門線渋谷駅にも行ってみた

上記では、地上にある銀座線の例を挙げましたが、実はその前に地下にある半蔵門線にも行っていました。しかし、すべての改札を制覇したのですが東京メトロのSSID「Metro_Free_Wi-Fi」を見つけることはできませんでした。

ホーム付近だとWi-Fiを見つけられるのかもしれません。利用できるエリアが少し狭い印象を受けました。

おわりに

普段使う場所ならば、登録しておけば快適にWi-Fiを使うことができるようになるので、登録してみてください!

ただし、偶然通った場所でWi-Fiを使うとなるとログインが面倒なので、その点の改善は今後に期待です。

(image by App Store)
(image by 筆者)