スマートフォンもだいぶ浸透してきた今日このごろ。あなたは身に着けるコンピュータとも言われる「ウェアラブルデバイス」をどれだけ知っていますか?よく知られたところでは時計型のスマートウォッチですが、最近はメガネ型のものや指輪型のものなど、新しいタイプのものにも注目が集まっています。

新しいもの大好きな方は必見!新年は、新しい技術が詰め込まれたデバイスで、未来を感じるような体験をしてみてはいかがでしょうか。

腕にはめるウェアラブルデバイス

既によく知られているのが腕にはめるデバイス。リストバンドのような外見で主に活動量計としての利用ができるものと、腕時計のようにデザインされていてスマートフォンの操作をサポートしてくれるスマートウォッチタイプの2種類が主流です。

スマートウォッチでは専用のOS「Android Wear」がリリースされ、多くの製品が続々と登場しています。2015年にAppleからのスマートウォッチ「Apple Watch」が発売され、今後ますますの盛り上がりが予想されます!

NIKE+ FUELBAND SE

ご存知スポーツメーカーの大手ナイキからの発売中の活動量計。独自の活動量の単位「フューエル」を採用し、運動だけでなく家事なども含めた総合的な1日の活動量を算出してくれます。2014年には待望のAndroid対応もあり、より多くの人が使えるようになりました。

UP by JAWBONE

こちらはスマートフォンアプリと連動して、睡眠・運動・食事をライフログとして一括管理できる活動量計です。睡眠の質の判定や画像やデータベースから食事内容の記録が簡単にでき、よりよいライフスタイルの実現を目指せます。

SmartWatch 2 SW2

ソニーのスマートウォッチであり「Xperiaシリーズ」の1つ。使い心地はまさに小さくなったAndroidといったところで、通知の確認やアラーム、音楽アプリの操作など、よく使う機能が使えます。スマートフォンを持たずして操作できるので、いちいちポケットやバッグから取り出すのが煩わしい方におすすめ。

LG G Watch R

韓国電気製品メーカー・LGエレクトロニクスのスマートウォッチ。普通の時計と見まがうような丸型ディスプレイが大きな特徴です。画面いっぱいに表示されるので視認性もデザイン性も◎。スマートウォッチを使ってみたいけれど、わかりやすすぎるデザインは気恥ずかしい……という人に最適ですね。

メガネ型ウェアラブルデバイス

日本で手に入れることができる2つのデバイスをご紹介します。メガネ型で日常生活をもっと便利にしてくれるGoogle Glassと圧倒的な没入間でバーチャルリアリティを体験できるOculus Rift。

アニメや映画に登場しそうな未来のツール「Google Glass」

メガネのフレームにディスプレイとコンピューターを搭載した「Google Glass」は、視界を遮ることなく目の前に情報を表示できます。時間やニュース、天気予報の表示、さらには地図と組み合わせたナビなどさまざまな利用法ができます。タッチパッドでの操作の他に声で動かすことができるのも大きな特徴です。

自宅にいながらあらゆる体験ができる「Oculus Rift」

Google Glassとは違い、利便性の向上ではなくエンターテインメントを提供するのがこの「Oculus Rift」。頭にかぶるだけで目の前にそれまでとまったく違う世界が現れ、まるでその場にいるかのように楽しむことができます。6軸センサーを搭載し頭を動かすと動かした方向に視界が動くように表示されるので、リアルな体感が得られます。

その他の形状のウェアラブルデバイス

ウェアラブルデバイスは、これからさまざまな可能性を秘めた製品が続々と登場しそうな、面白いマーケットです。指輪型でジャスチャー操作が新体験を味あわせてくれるRingやおしゃぶり型で赤ちゃんの様子をチェックできるPacifiなど「そういうのもあるのか」と興味を持ってしまう驚き製品ばかりですよ。

魔法が使えるようになる?ジャスチャー操作の「Ring」

指輪型でさまざまな行動をジャスチャーで起こす画期的なデバイス「Ring」は、既に発売を開始しています。指を動かして部屋の電気やテレビをつけられるなど、スマートフォンで好きなジャスチャーと好きな行動を割り当てることで使いかたが広がっていきます。まるで魔法のような体験ができるこの商品、2015年になってさらに多くの可能性を見せてくれるでしょう。

赤ちゃんの体調を見える化しよう。かませて計測の「Pacifi」

最後に紹介するのは、おしゃぶり型のデバイス「Pacifi」。赤ちゃんの体温測定機能や、居場所の把握機能などがついています。「Pacifi」で得た情報はスマートフォン上で閲覧でき、薬を与えるときなどに便利なリマインダー機能もついています。少しの変化も気にしてあげたい育児シーンにおいて、非常に役立ちますね。

Pacifi Smart Pacifier - Blue Maestro
日本ではまだ発売されていません。

ウェアラブルデバイスでワクワクの毎日を

ここで紹介した以外にも、ウェアラブルデバイスにはさまざまなものが登場しています。技術だけでなく、それを使う上での環境が整ってきたこともあり、徐々に一般的になっていくのではないでしょうか。

生活に役立つものや遊び心を刺激するものなど、いろいろな可能性を見せてくれる未来の技術を体験して、ワクワクの毎日を送りましょう。

(image by PAKUTASO)