Twiiterで「勝手にツイートやダイレクトメッセージが送られてる!」「知らないアカウントから関係のないリプライが!」といった経験はありませんか?

それらの原因は、「スパム」と呼ばれる迷惑行為によるものがほとんどです。

そこで、この記事では「そもそもスパムってなに?」という方でも分かる「Twitterでスパム報告をする方法」をご紹介します。

ここでは、iPhoneのTwitter公式アプリからの手順をご紹介します。

「スパム報告」って?

「スパム」とは

スパムとは大雑把にいえば「不要で迷惑な行為」のこと。スパムメールといえば「迷惑なメール」、スパムコメントといえば「迷惑なコメント」として認識しておいて問題ないでしょう。

なお、Twitterでは公式ページで下記のように説明しています。リストで表記しているものはスパム例の一部です。

>一般的に、スパムとは、他のユーザーの迷惑となる、頼まれていない繰り返される行為と説明することができます。

  • 有害なリンクを投稿する (フィッシングサイトやマルウェアサイトへのリンクを含む)
  • 過剰にフォローする (大量のフォローとフォロー解除によって注目を集める)
  • @返信や@ツイートの機能を悪用した不適切なメッセージを投稿する
  • 複数のアカウントを作成する (手動または自動化ツールを使用)
  • 注目を集める目的でトレンドトピックを繰り返し投稿する
  • 同じツイートを繰り返し投稿する
  • ツイートと無関係なリンクを投稿する

「スパム報告」とは

スパム報告とは、上記のスパムに該当すると思われるツイートやアカウントをTwitterに報告することを指します。

スパム報告により、そのアカウントをブロックすることができます。また、一定以上のスパム報告があった際は、スパム行為をしたアカウントが使用停止になる場合もあります。

それでは、具体的にTwitterでスパム報告をする方法をご説明していきます。

スパム報告のやり方

STEP1:「ブロックまたはスパム報告」をタップ

スパム報告をしたい投稿、もしくはアカウントを表示します。画面右下辺りの「・・・」をタップし、「ブロックまたはスパム報告」をタップします。

STEP2:完了

「報告を送信する」右のスイッチアイコンをタップします。このとき「@~さんをブロック」右のスイッチアイコンをタップすることでブロックするかしないかを決められます。赤色になっていればブロックできます。

「このツイートはスパムです」をタップし、画面右上の「ブロック」をタップします。

「このツイートは迷惑です」「このアカウントは乗っ取られている可能性があります」などの部分を選んで報告してもOK!

以上の操作で、スパム報告が完了です。

(image by 筆者)