「SNS」という言葉を聞いて疑問に思ったことはありませんか?「よくわからないけどインターネット用語かな?」という程度の認識の方もいるかもしれません。しかし、知っている人にとっては今や常識用語だったりする「SNS」。

今さら聞けない…!という人のために、この記事では、「SNS」の意味をわかりやすくご紹介します。

「SNS」の意味と使い方

意味

「SNS」とは、「Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」の略称です。そのまま解釈すると「社会的なつながりを作り出すサービス」ですが、内容はほとんどその通りです。

「SNS」は登録して自分の近況を書いたり、相手にコメントしたりと、さまざまな楽しみ方ができます。会話や情報交換をしていくことで人間関係を深めていくことができます。

また、知っている人だけでなく、いままで面識のなかった人ともSNS上で知り合うことができます。

由来

代表的なものには、FacebookやTwitter、LINEなどがあります。日本ではインターネット黎明期の1996年に「みゆきネット」という会員制のサービスが登場したのがSNSのさきがけと言われています。2004年ごろからGREEやmixiの登場で「SNS」が浸透してきました。

2004年ごろに始まったFacebookは、世界で世界最大のSNSとなりました。

使い方

女性:「いま、毎日使ってるSNSってある?」
男性:「今使ってるのは、FacebookとLINEかな~」

注意点

SNSはインターネット上でつながりを深めることもできますが、その特性としてトラブルも起こりやすい一面もあります。

終わりに

「SNS」の意味は理解できましたでしょうか?インターネットの登場で社会のあり方は大きく変化を遂げました。SNSが今後どのような変化をしていくか、楽しみですね。

(image by amanaimages)