自分のお気に入りの写真を使って、誰でも超簡単におしゃれな壁紙を作る方法をご紹介します。
Picasaというフリーのパソコンソフトを使用します。

はじめに

Picasaとは、Googleが無償で提供している、写真を簡単に検索、編集、共有することができるソフトです。詳しくは下記リンクを御覧下さい。

Picasaについて

事前準備

Picasaをダウンロードして、パソコンにインストールするところから始めます。下記リンクよりソフトをダウンロードします。

ダウンロード

画面が開きますので、ダウンロードのボタンをクリックします。

インストールが完了したら、デスクトップ上に写真のデータを入れる適当なフォルダを一つ作成します。ここでは、フォルダ名を『犬と猫』にすることにします。

フォルダの中に、写真データを入れます。
ここでは、犬と猫の写真を70点用意しました。

次に、インストールしたPicasaを起動します。
起動するとパソコンに保存されているフォルダと写真が自動的に読み込まれます。先程作成した、『犬と猫』フォルダの写真が読み込まれました。

続いて、Picasaの操作説明になります。

Picasaの操作

それでは、Picasaを使用して簡単におしゃれな壁紙を作る方法をご紹介します。
はじめに『犬と猫』のフォルダを選択し、メニューの中から
[作成] - [画像コラージュ]をクリックします。

そうすると、いきなり次のような画面になります。

ここから作成する壁紙を好みのデザインにしていきます。
今回は、このまま写真がバラバラに重なったような感じで、ポラロイド風の写真にしてみようと思います。
下図の番号のとおり設定していきます。

1、一番上のプルダウンメニューは、写真パイルにしておきます。

2、画像の境界線は、右のポラロイド型の絵を選びます。

3、背景オプションは無地の白色にします。

4、ページ形式は、現在の表示:1920×1080を選択します。
  (解像度の数字はご使用の環境によって決まります)

5、デスクトップの背景ボタンにカーソルを合わせると、コラージュアルバムにJPG画像として保存し、その後デスクトップ背景として設定と説明が表示されますので、そのままボタンをクリックします。

画面が下書きとなりコラージュ画像の作成に入るのでそのまま待ちます。

・・・・・・

Picasaのウインドウを閉じてみると・・・

おお!!デスクトップの壁紙が、自分の作ったやつになっています。
この他にも、アレンジのやり方によって様々なパターンが作成できます。
家族の写真、インテリアの写真、レコードジャケットの写真などでやってみてもカッコイイものが作れるかもしれませんね。

おわりに

Picasaには、壁紙以外にも動画やポスターを作成する機能や、高価な画像編集ソフトを使わなくても、撮った写真を手軽に補正することができます。
ここでは紹介しきれないくらい機能が備わったソフトですので、一度遊んでみてください。

関連ライフレシピ